ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
ラグ穴修正。

 

さー、今夜は早く帰りますよー!

 

ひひっ。

(26時だけど・・)

 

 

出勤途中で電光掲示板に『この先落下物有り』と出ていました。

いや、注意喚起は大事ですが『どれ位の大きさ』の『何が』落ちているのか知りたいですよね。

 

 

うひー!

木の板が落ちていました・・・。

微妙に白線とか矢印に擬態しているので、最初は気が付かなかったです。

 

良かった。

踏まないで。

 

木の板を踏んで転んでケガでもしたら、それが不慮の事故だったとしてもマヌケ過ぎますよね。

 

『あぁ、あの木の板でコケたマヌケな代表が居る会社?』

 

それはイヤー!

 

 

メロンパンさんの横顔。

コレを見て、先日久し振りに見た『MIB(メンインブラック)』の宇宙船を思い出しました。

記憶の引き出しを開けるスイッチが壊れているんじゃないかと、自分で自分が心配になります。

 

さてさて、全然自分の作業が進まない今日この頃。

いや、いつもですね。

 

出勤したら、スタッフが受けていた修理品が置いてありました。

 

お客様から

 

『〜円以内でお願いします』

 

と言われたそうですが、

 

『私共ではそこまで安くはありません』

 

と答えたそうです。

ソレを後で聞いて笑いましたが、褒めておきました(笑)

 

で、その修理品は某R社のデイトナでした。

と言っても、部分修理のみです。

 

 

激しくブツけられたそうで、ラグがベッコリと凹んでいて、バネ棒は先端が折れてブレスレットが外れた状態でした。

 

 

バネ棒が入る穴も変形しています。

 

 

ココまで押し潰される程の衝撃で、手が無事だったのが不思議でなりません。

変形で楕円になってしまった穴は初めて見ました。

 

お客様の要望が、穴の修正+社外品のバネ棒との事でして

 

『結果的に二度とブレスレットが外れ無くなっても構わない』

 

との意向に沿う形にしました。

いやいや、それじゃ将来的なメンテナンスの時に困るでしょう(汗)

 

 

サクサクと加工して穴を修正しました。

サクサクと作業しすぎて、途中の写真を撮るのを忘れていました。

あははは。

 

恐らくは、コストを抑える為に社外品のバネ棒を希望されていたと思うのですが、社外品はサイズが微妙なので、加工が必要でした。

手間を考えると純正品の方が楽です。

 

 

無事にブレスレットの取付もできました。

これだけラグが変形しても、ブレスレットは普通に取り付けられる辺りがスゴイですよね。

 

反対側のバネ棒も先端が見事に折れていましたので、そちらも同じバネ棒に交換。

 

凹んだラグにステンレスを肉盛りして仕上げ直して・・・

なんて事も可能でしたが、メーカーではどんな作業になるのか興味深いです。

ケース交換とかになるのでしょうか?

 

午前中に預かって、夕方に取りにお見えになりました。

今回は、お客様の希望価格に合わせての納品です。

 

価格の高い・安いを判断されるのは、お支払されるお客様です。

当然ですね。

その価格を決めるのは、弊社側ですが。

 

オーバーホールとか電池交換とか、ある程度価格設定のハッキリしている作業は問題無いのですが、こういったイレギュラーな部分修理だと価格設定が難しいですねー。

 

大凡は時間工賃をアタマに浮かべますが、作業完了までの正確な時間なんて、実際にやってみないと分かりません。

 

そうなると、お客様の価値観が基準になるのですが、どうしても私共の提示する価格と合わない事も偶にあります。

まぁ、殆どのお客様が弊社の考えや方法を聞いた上で快く受け入れて下さるので、とても助かっています。

 

今迄培って来たり、この先も吸収し続ける技術を駆使して作業に当たるので、結局はそこだけが弊社の財産とも言えますね。

なので、それを安売りするつもりは全くありません。

だからと言って、お客様の希望から懸隔する様な価格設定をするつもりもありませんので、ご心配なく(笑)

 

そもそも後から、

 

『う、この作業にこの価格は安すぎた・・・』

 

そんな事の方が圧倒的に多いので、お客様の損にはなっていない筈です(汗)

 

ま、常々そんな事を考えていますので、先のスタッフのセリフは良い兆候かと思った次第です。

それだけ自分の技術に自信を持っていると言う風にも捉えられますので。

 

あれ?

作業したのオレだよね?

あれれ?

 

おやおやー?

 

ま、イイけど(笑)

 

時計修理や部分修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お気軽にどうぞっ!

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
ダイアル加工。

 

うーん、うーん。

全然早く帰れません。

 

ま、原因の一つが分かりました。

 

作業に熱中しすぎ。

キリがよいタイミングが分かっていない事が・・・。

 

性なの?

 

サガ!

 

 

今日はGoProの操作を間違ったのか調子が悪かったのか、動画が撮れていませんでした。

ですので、さっき窓から顔を出して上から撮ってみました。

 

え?必要ない?

 

えぇーっ!?

 

 

あ、ハトは撮っていました。

 

え?必要ない?

 

ぐえぇーっ!?

 

今日は来客も少なく・・・いや、良くはないですが。

そのワリには作業に入れたのは夜からでしたが。

 

 

クロノスイスなのですが、お客様からのご要望は現在のアラビア数字のダイアルから、ローマ数字のダイアルへの交換でした。

お時計と一緒に持ち込まれたダイアルは、加工途中のモノの様で、他社さんで作業中に気が付いた問題により続きの作業を弊社に依頼されました。

 

ん?こんな感じの依頼が増えてる様な・・・。

 

 

ま、とりあえずバラしますよー。

今回はムーブメントは関係ありませんよー。

 

 

と、思ったら『短剣車』の調整が良くありませんでした。

キツイ。

これだと時計が止まるでしょうねぇ。

 

 

五角形のリーマーで短剣車の穴を削って拡げます。

あ、チョッピリだけです。

 

 

時計修理、特に古いモノですとリーマーは頻繁に使います。

ですので、よく使うサイズのリーマーは研いでおきます。

購入した状態だと、使った跡がザクザクになりますよね。

 

 

リーマーは五角形の他に丸棒もあるのですが、研いだリーマーで切ると切削面が綺麗ですので、仕上げのリーマーを通す必要がなくなります。

面倒ではありますが、できれば鏡面仕上げになる位に研いでおくと良いですねー。

 

 

短剣車が問題無く入る様になりました。

コレが本来の状態なのですが、一体何があったのでしょうね。

 

 

結構、丁寧に追い込まれた高さの短剣車。

量産品だとあまり見ない感じです。

昔のパテックみたいです。

 

通常、短剣車はムーブメントとダイアルの間の僅かな空間で上下に遊びがあります。

その遊びの量が多いと、歯車同士の噛み合いが外れてしまうので、短剣車とダイアルの間にスプリング・ワッシャーの様な剣座を入れて常にムーブメント側に押し付けています。

 

非常に便利な剣座ですが、ネガティブな見方をすると常にブレーキを掛けた状態になるので、個人的には無い方が好きですね。

 

短剣車の高さと、分針が付く筒カナの高さの差を詰めていると、分針の根元で短剣車の浮き上がりを抑える事ができるので、剣座が要らなくなります。

 

殆どのムーブメントは剣座を使っていますが、全てを見通して設計されて作られているムーブメントだと不要なパーツと言っても良いでしょう。

 

さて、何が問題でダイアル交換が最後まで進められなかったのか、調べながら始めます。

測っても厚み等は問題無さそうだし。

 

 

ダイアルを固定する足です。

ちょっとモアイっぽく加工されています。

(モアイ?)

 

ダイアルが瀬戸物なので、緊張する作業だったでしょうねー。

 

 

追加で加工しておきました。

足の根元も細くして、位置の微調整ができる感じです。

 

 

ダイアル交換を途中で諦めた原因は、ダイアルの穴の位置ズレでした。

ダイアルそのモノのズレと言うよりは、穴がズレている感じです。

これだと、針が穴の内側に当たって時計が止まるでしょうね。

 

 

厄介なのは、やはり材質です。

セトダイアルなので、加工とか無理です。

構造的には銅板の両面から焼いてあります。

なので、相当に薄いんですよねー。

 

裏にも焼いているのは、焼き上げる時に表面が反る事を抑える為です。

セトダイアルは美しいし、変色や退色もないスグレモノなのです。

が、本音を言えば、

 

『なんて迷惑なモノを作ってくれてんの?』

 

オニキスとかラピスとかマザー・オブ・パールは勿論の事、このセトダイアル(エナメルとかポーセリン)は時計師が嫌がる『割れる系』の素材では筆頭の材質です。

 

あー、やだやだ。

 

穴がズレちゃってるので、この時点で返却させて頂いても恨まれないと思います。

 

 

で、削ります。

(おい)

 

だって、穴を拡げないと時計が止まるし。

あ、勿論お客様の了承を得て作業しています。

 

 

やはり多少は細かく欠けるので、表側は角を面取りしました。

 

 

これでクリアランスばっちり。

6時側のスモールセコンドの穴と軸の位置は合っているので、やはり中心の穴がずれていたと思います。

 

 

ムーブメントにダイアルと針を取り付けて回しますが、懸念していた違和感もありませんでした。

で、気分良くケーシング。

 

 

と思ったら、剣ズレしてやり直し。

せっかく、短剣車の高さを褒めたのに。

このスチールの針では無意味だった様です・・・。

 

結局、剣座を使う事になりました。

 

・・・惜しい。

 

 

お客様が希望されていたローマ数字のダイアルに交換完了。

 

改めて『セトダイアルは加工するモノじゃない』と思いました。

 

さ、終わったし帰りますー。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お電話下さいませ。

 

相変わらず『問合せフォーム』からのお問合せが多いですが、まずは電話にて御連絡を頂けると助かります。

殆どの場合は、その電話で解決する事ばかりですし、弊社としても修理に必要な情報も一緒に尋ねる事ができます。

 

メールを書く時間が惜しいのが本音ですが、一々確認の為の手間を省きたいのです。

専門の担当者を雇える位に会社が大きくなったら別なのでしょうが(笑)

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
時計嫌い。

 

今週もまだ2日目なんですね。

全然そんな感じがしません。

 

もう8日目位。

(週は7日しかナイよ?)

 

 

首都高が途中から渋滞していると思っていたら、前方で事故があったみたいです。

まだ警察車輌も到着していませんが。

大きなケガは無さそうで何よりですが。

 

 

と思って事故現場を過ぎた瞬間に、右車線を走行していたトラックがウィンカーも点けずに車線変更して来やがりました。

あ、失礼。

車線変更していらっしゃいました。

(違う)

 

危うく巻き込まれるところでしたよ。

フルロックしましたが、何とか回避。

 

まぁ、せいぜいトラックに跳ね飛ばされるか、押し潰される程度でしょうが、ゼンマイモトが壊れるのはイヤです。

 

イヤなんです。

 

皆さんも年末は事故が多くなるので気を付けて下さいネ。

 

 

お客様に頂いたメロンパンさん。

小振りなメロンパンが4つ入り。

 

本日のランチとして22時過ぎに頂きました。

ランチの時間が良く分からなくなっていますが。

ありがとうございましたっ!

 

 

何かバタバタとしていて、いつもの日常を過ごせておりませんが、やっと落ち着いて来ました。

なので、本日は滞っていた作業を再開できました。

 

まぁ、日付は変わっていましたが。

あれれ?

 

磨くパーツと、ヘアライン仕上げのパーツがありますが、どちらから手を着けるのが効率的なのか考えてみました。

 

あ、同じか。

(おい)

 

そんなワケで、まずはネジ磨きからスタートです。

結局はいつもと変わりませんな。

少しずつ進めて行きますー。

 

ところで弊社のスタッフはワタクシを筆頭に、全員が『時計好き』ではありません。

 

職業柄、驚かれる事も多いのですが本当なんです。

全然自慢になりませんし、ネガティブに捉えられるとアレなんですが。

 

『じゃあ、書くな』

 

ま、そうですよね。

あははは。

確かに。

 

で、そんな事をワザワザ書く理由です。

 

んー、時計好きだと全ての時計に対してフラットな気持ちで接する事ができない気がするんですよ。

 

『お?コレは高級品だから丁寧に作業しよう』

『このムーブメントは好きだから』

『あー、並品だからソコソコで良いか』

 

そんな差別は違うカナーって。

 

最終的な精度や性能(機能)に違いはあるかもしれませんが、どれも基本的には作業すべき内容は同じじゃないですか?

 

『オーバーホールする』

『修理する』

『お客様の希望に沿う』

 

だから、時計に対して感情移入してアタマデッカチになるよりは、常にフラットな姿勢で淡々と接して貰えた方が、結果的に仕事は上手く行く気がします。

熱くなってしまうと見える筈の原因も見落としがちになります。

我々は、あくまで修理品を直してお客様の元に戻す事が仕事です。

 

熱意とかヤル気とは別次元の『作業への姿勢』の話しなので、短絡的に『好きじゃない=テキトー』ではありません。

その点だけは誤解されないよう、お願い致します。

 

そう言う意味では『時計嫌い』ってワードも受け入れて頂けるんじゃないかと。

あくまでも『キチンとした作業をする』って言葉の裏返しでもありますので。

 

上手く説明できているか微妙ですが、そんな感じです。

 

いつもフラットな姿勢と、冷静且つ真摯な気持ちで取り組みたいと考えていますし、そうなる様に努めています。

 

なので、

 

時計が嫌い。

 

あははは。

(笑うと台無し)

 

時計修理のご依頼はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、宜しくお願い致しますっ!

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
訪問。

 

どうも。

 

生活パターンを改善できずにいるバカです。

おかしい・・・

土曜日は法事とは言え、金曜の夜から凄く真っ当な生活を送れたのに。

しくしく。

 

 

天気良かったデスネー。

今朝はゼンマイモトも絶好調でした。

うひひひ。

 

 

なんで、この写真を撮ったのかは覚えておりません。

きっとナニカしたかったのでしょう。

でも覚えていない。

 

そんな自分が恐くて仕方ありません。

ぐひひひ。

 

 

地上に上がると、

 

ハトいました。

 

 

こっちにも、

 

ハトいました。

(で?)

 

 

本日のメロンパンさんは、オリジナル・トートバッグと共に。

 

そういえば、先週だったか久し振りトートバッグが売れました。

たまたま1つだけ在庫があったのですが、少し用意しておいた方が良いのでしょうか?

 

あ、Tシャツはタクサンありますよっ!

今年の夏はTシャツが売れなかったなぁー。

あ、宣伝をしていなかったから?

あはははー。

 

 

日中はタクサンのお客様の来店がございまして、ありがとうございまして。

(変だよ?)

 

で、夕方からフラフラと銀座の街を彷徨っていました。

いや、トップの写真の『ホッタ』様へ出掛けておりました。

 

 

時間的に正面出入り口が閉まっていたので、裏側の通用口に向かう途中で喫煙所を発見。

迷うことなく立ち寄ると、先程までお会いしていた某時計師の方が後から来られました。

偶然なのか、はたまた必然なのか。

 

後者?(笑)

 

とりあえず、ブログのネタの為に写真を撮らせて頂きました。

なんて失礼な(笑)

 

んで、日中のバタバタに忙殺されて、さっきやっと事務処理が終了。

既に3時半。

 

ね、眠いです。

ここで寝たい気持ちでイッパイです。

 

でも、きっと外は寒くて目が覚めるんでしょうねー。

それが正しいのか、間違っているのかも判断がつきません。

 

少なくとも、これが今のワタクシの現実なんでしょう。

・・・寝袋を積んで来るか。

(おい)

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お気軽にどうぞ。

 

うぉー!

そう言えば、頂いているメールへの返信も出来ていない・・・。

 

スミマセン。

スミマセン。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
キャプション。

 

寒いです。

昨日は会社に来なかったので、尚更ビルが冷え切っているのでしょうか?

 

既に数時間以上も居るのですが、今も指がかじかみます。

しくしく。

 

 

今日は天気が良かったです。

寒いケド。

最低気温が2℃とかって・・・カンベンして下さい。

 

明日は少し気温が上がるみたいですが、その後は下がる一方ですか。

そうですか。

 

ひー。

 

 

昨日、法事で出掛けている途中でいたハト。

色がキレイ。

品のある・・・ドバト。

 

今日は、金曜日の撮影に伴った作業の続きでした。

トップの写真の通りに、机の上に資料を拡げて不慣れな作業に明け暮れていました。

 

締め切りが今夜だったのですが、正直タカヲククッテいたようです。

さっき、やっと送信しました。

 

 

途中、脳ミソのエネルギー補給の為に糖分(チョコレート)を買いに出ましたが、食べるの忘れていました。

(意味なし)

 

毎度、ダラダラとブログを書いているせいか、文字を書くのが得意だと勘違いされている事もあるのでしょうが、

 

全然違いますよ?

 

このブログは基本的に日記的な?

今日も仕事してました的な?

業務日誌的な?

日報?

 

基本的に誰にも迷惑を掛けない筈の、無責任なブログなんです。

でも、依頼されて書くのは責任を伴うじゃないですか?

協力して下さる方々やお取引先に対しても責任が発生しますよね?

つまーり、適当には済ませられない。

良く考えて作業しなければならない。

 

ノーギャラでも。

 

あれ?

なんのイジメ?

ギャラがなければ仕事じゃないよね?

 

テキトーで良かったか。

(ダメ)

 

とにかく、もう送信はしてしまったし、後は・・・

 

よし。帰るか。

 

時計修理のご相談・御用命はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お電話お待ちしております。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ