ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
バネ棒詰め。

 

火曜日。

 

ゴミの日でした。

 

いや、自宅の話しです。

 

なんで、自宅の話しをした。

 

 

飛行機が飛んでいました。

 

肉眼だともっと大きかったのですが、GoProの広角レンズだと小さくなっちゃいました。

 

小さいどころか見えない。

 

 

びよよーん。

 

 

ハトいました。

 

あと、

 

ハト来ました。

 

 

新しいメロムパンが発売されないので、千葉県民成分の摂取に勤しみますよ。

 

血中落花生濃度が下がると・・・

 

どうにかなるの?

(おい)

 

 

お客様から頂いた『不二家タワー』です。

 

レモンスカッシュは缶が1番美味しい気がします。

あと、ネクターも好きです。

 

ありがとうございました!

 

昨日までの予定ですと、今日の来店予約は多く無かったのですが、当日になってアレヨアレヨと。

 

『アレヨアレヨ』ってナニ?

 

ちょこっとだけ作業してた風な感じを装ってみましょう。

 

いや、書いちゃダメでした。

 

 

サブとバネ棒ですー。

 

どうしても何度かケースを仕上げると、ラグが細くなったり4本の太さに差が出てきますよね?

 

うんうん。

 

で、本来のバネ棒を使用すると、ラグの穴からバネ棒の先端が

 

『コンチワー』

 

する事がございます。

 

 

ですので、ラグの幅に合わせて先端を削って長さを切り詰めます。

 

上側が先端を削ったバネ棒です。

 

 

右側のバネ棒の様に、削っただけだと先端がフラットになりますし、装着後に見えるので仕上げます。

 

 

左側が削って仕上げたバネ棒です。

 

いつも感覚だけで丸めて磨いているので、恐らく4箇所で形状が違うような・・・。

 

あはははは。

 

 

これで『コンチワー』する事が無くなりました。

 

とても細かい事ですが、お客様からの御依頼があれば、同様の作業も行っています。

 

『チョイ直し』とか『部分修理』も承っておりますデス。

(同じ?)

 

特に『絶対にOHが大前提』とかは考えていませんので、気になる事があれば気軽にご相談下さいまし。

 

さて、明日も早くから来店予約が入っていますので、早く帰って寝ます!

 

時計修理とahead 6月号のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませー。

 

aheadは残り5冊となりましたので、ご入り用の方はお早めに!

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
ネジ調整。

 

はい、月曜日でした。

 

はい・・・。

 

えぇ、月曜日ですね。

 

書き出しの言葉が浮かばないキカイダーです。

 

 

ハトいました。

 

赤丸の中で飛んでいます。

 

見えますよね?!

 

 

いやぁ、イイ天気でした!

 

ハカイダーがブッ壊してしまったゼンマイモトで走りたかったッス。

 

ほんと、ハカイダーには困ったものですよ。

 

 

チュン太郎いました。

 

赤丸の中にいます。

 

見えますよね?!

 

 

トリミングしておきましょう。

 

え?不要?

 

またまた〜。

 

 

月曜日なので、エネルギーチャージの為に『たっぷり ホイップメロンパン』です。

 

本日は昨日の予想通りに、タクサンのお客様のご来店と、ルーティーンの事務処理に一日を費やしました。

 

そして来るお客様、来るお客様にahead 6月号を売りつけました。

 

あははははー。

 

 

全く何も書かずに終わると不幸の手紙が送られてくるカモしてないので、サクッと書きますね。

 

 

クロノグラフの司令塔とも言える、ピラーウィール(ピラーホイール?)にガタ付きが見られますので、ネジの高さを調整しますよー。

 

 

専用のカッターの上にネジをセットします。

 

 

ドライバーで押し付けながら回して削ります。

 

 

取り付けてアガキ(遊び)を確認します。

 

 

専用のカッターの上にネジをセットします。

 

 

ドライバーで押し付けながら回して削ります。

 

 

取り付けてアガキ(遊び)を確認します。

 

 

専用のカッターの上にネジをセットします。

 

 

ドライバーで押し付けながら回して削ります。

 

 

取り付けてアガキ(遊び)を確認します。

 

あははははー!

 

 

ブログ上では手を抜きましたが、こうして少しずつ繰り返して調整が終わったネジです。

 

アガキは大きすぎても、無くてもダメなので慎重に作業しますよ。

 

失敗し続けて削って行ったら、最後には無くなっちゃいますからね。

(ヤリ過ぎ)

 

明日は、もう少し作業に時間を割きます!

 

いや、割けるカナ?

(ヤレよ)

 

 

哀愁漂う後ろ姿のチュン太郎。

 

明るくなる前に帰りますねー。

 

時計修理とahead 6月号のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませぇ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
ENICAR。

 

どうも『闘うキカイダー』です。

 

または『ジロー』です。

(わかる?)

 

時々『ハカイダー』です。

(こら)

 

主にゼンマイモトを破壊していますが。

 

『もう今日はブログは書かなくてイイやー』

 

そう思ったのですが、一応書きますよー。

 

あ、aheadYoutubeチャンネルで、今回取材して下さった若林編集長が自己紹介動画が上がっています。

 

再生回数が伸びないと凹むらしいので、是非皆さんも見てみて下さいネ。

 

んで、良かったら『イイね』ボタンを押してあげて下さい(笑)

全然、頼まれてもいないんデスガ。

 

 

日曜日でした。

晴天の日曜日。

 

天気が良いので、干していた直射日光で充電中だった同じ時計達です。

たまたま、別々のカスタムでお預かり中でございます。

 

えぇ、お預かりしているのは両側の2本で、真ん中のはワタクシがイタズラしているヤツです。

 

いひひ。

 

昨日は土砂降りでしたなー。

 

クルマの運転が怖い位に。

 

少しは水不足の解消になったのでしょうか??

 

 

土砂降りの中、いつものメンバーで集まっていました。

 

ヒラノウォッチリペアサービスの平野さんとは前日にも会っていましたが(笑)

 

 

エニカ。

 

えにかー。

 

 

いくら裏蓋を回しても、

 

『開かん!』

 

そう言えば、お客様から、

 

『スクリューバックに見えて、スナップバックです』

 

そう言われていたのでした。

 

預かってからダイブ時間が経つので、忘れていました。

(おい)

 

では、コジアケで。

 

 

『開かん!』

 

もう、持ってるコジアケを総動員ですよ。

 

 

ゴッツイ食い付きですな。

 

 

キミもバルバルバルジューか。

 

 

クロノグラフは針を抜くのに緊張感が漂いますよ。

 

センターセコンドの時計みたいに、

 

『すぽぽぽーん!』

 

とは抜けないデス。

 

堅く押し込まれていて、針とハカマが分解しちゃう事もありますので。

 

 

タクサン作って、全然売れ残っているスペーサーを使って無事に抜けました。

 

 

お馴染みのValjoux 72ですが、微妙に違う部分もあったりするのですが、きっと記憶に残りません。

 

毎回が新鮮な気持ちでイッパイです。

 

 

ダイアル側と裏蓋側のクロノ部分を分解しました。

 

 

この時点で、手を入れなきゃならない部分が何カ所か見付かっています・・・。

 

まずは、ソコを修正?調整?加工?してからデスネー。

 

明日は事務処理デー+来客の予約も多いのですが、少しでも進めないとー。

 

同じお客様から、別の時計もお預かりしちゃいましたしー。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さい!

| ZENMAIWORKS | comments(2) | -
闘うキカイダー。

 

もう週末ですー。

 

色々あった1週間でした。

 

主にゼンマイモトが。

 

 

か い せ い 。

 

でも、夜中から雨の予報なんですよねー。

 

 

そんな事で、バイクに乗れずにフテ腐れるハト男。

 

 

モチーフ的なハトいました。

 

地面の上に落ちているハトが見たいのにー。

(落ちてはいない)

 

 

週末なんでメロムパンで締めくくります。

 

週末関係ナイ。

 

 

同業のお客様から、お土産でキズミを頂きました!

 

GMTですね!

 

アルミで真面目に作っているあたりが面白いですねぇ。

 

 

先日取材を受けた『ahead 6月号』が6月15日に発売です。

 

もう、今日とも言ふ。

 

 

おやおや?

 

全然、記事とは無関係ですが、ゼンマイモトの写真が使われていますね(笑)

 

 

目次に『闘うキカイダー ゼンマイワークス 佐藤 努』ってありました。

 

しかも、フォントが大きくて目立ちます。

 

そう言えば、表紙のフォントもデカイぞ。

 

なんだ?どうした?

 

 

キャッチコピーの『闘うキカイダー』って(笑)

 

むしろ闘わないキカイダーってヤバくない?

 

『直さない時計師』みたいな感じ?

 

『この時計直して下さい』

 

『いや、直さんっ!』

 

ガンコ親父か。

 

つか、ハカイダーの方がシックリ来る?

 

イヤイヤイヤイヤ。

 

記事を最後まで読んで頂けると『闘うキカイダー』の意味がお分かり頂けるかと。

 

たぶん。

 

 

『決まったように毎日メロンパンを食べ』

 

え?

 

そんなに食べて無いデスヨネ?

 

たまたまデス。

 

『鳩を見つけてはカメラに収めアップする』

 

え?

 

そんなヘンな人っています?

 

クルマとバイクの雑誌で、一体どんな記事になるのか想像も付きませんでしたが、弊社の紹介記事になっていました。

 

しかもー!ニャンとー!6ページも割いて下さっておりますデス。

 

オジサンもビックリ。

 

ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

 

会社が儲かったら、広告出します。

 

6月15日より販売と書きましたが、書店での販売は『代官山 蔦屋書店』と『書泉グランデ』の2店舗となります。

 

www.fujisan.co.jp/ahead

 

から、定期購読で申込みされるか、

 

『MAGASTORE(magastore.jp)』または『honto(hon-to.jp)』から、デジタルデータとして1号ごとの購入もできるそうです。

 

過去に弊社が掲載もしくは取材協力した本も十数冊になったし、この機会にデジタルデータとして集めようカナー。

 

 

『紙の本で見たいケドー、わざわざ買いに行くのはチョットなー』

 

そんな方がいらっしゃいましたら、弊社にて少量ですがご用意がアリマス。

 

1冊500円(税別)で、発送にも対応させて頂きますが、送料が別途必要となります。

 

なお、ゼンマイモトでの配達の場合には、交通費とドライバー用にRed Bullが必要デス。

(ヤラナイ、ヤラナイ)

 

こんなに大々的にご紹介頂いたし、ゼンマイモトとの2ショットでの写真も含めて良い記念になりました!

 

(写真・長谷川徹)

 

時計修理やahead 6月号のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませー。

 

なお、土・日は定休日となりますので、お問合せは月曜日以降にお願い致しまする。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
亀。

 

暗雲立ちこめる木曜日。

 

いや、コッチの話しです。

 

天気はチョー良かったデス。

 

 

本当に久しぶりに天気も良くて、

 

『うーん、気持ちイイぞー』

 

そんな上機嫌のまま安全運転。

 

 

んあ?

 

 

惰性で非常帯へIN。

 

 

セルを回そうにも、全然ムーリーなご様子。

 

おやおや?どうされました?

 

ご機嫌ナナメ?

 

 

うーわー。

 

天気良いのになー。

 

 

会社と、ベスパ屋さんと、ロードサービスに連絡いれて、非常電話で首都高にもお知らせ。

 

 

『うん、暑い』

 

天気が良いのも考えものですな。

 

あはははは。

 

 

つか、非常帯って暇すぎ。

 

やっぱ、飲み物の自販機とか、できればカフェとか作ってくれないカナ?
(ないよ?)

 

あとね、渋滞で止まると分かるけど、トラックとか通ると結構揺れるんだよねー。

 

船が苦手なんで、コレはイヤだー。

 

 

あ、でもG-SHOCKの充電に丁度良いや!

 

この時期は長袖の下で思うように充電されないし。

 

 

そうだ!

 

インスタグラムで知ったのですが、『ハトカー』の新バージョン『ハトカー2』が出てるらしいじゃないですか?!

 

おおおー!欲しいー!

 

よっぽど、人気があったのでしょうかね?!

 

発売元の『キタンクラブ』のWebサイトを見たのですが、

 

 

『ふっくら福福ハト』という、とても興味を惹かれるアイテムまでありました。

 

くぅぅー!

 

痛いところと突いてくるゼ。

 

 

あ、レッカー到着です。

 

後の事はベスパ屋さんに丸投げになってしまって心苦しいのですが、プロにお任せするしかナイですカラー。

 

速く早く元気になって戻って来てネ。

 

 

ハトいました。

 

一番右のモチーフがハトと見間違いますよね。

いっそ、ハトの形にすればイイのにー。

 

 

お昼のドリンクはメロムパンです。

 

ごくごく。

 

えぇーっと、今日は帰りが電車になってしまったので、ガッツリと作業ができまへん。

 

前々から『そのうちヤロウ』と思っていた事を。

 

久しぶりぶりなMODです。

 

 

以前、偶然に見掛けて購入してあった『ブルーラグーン』なタートルです。

 

つまり、『青い珊瑚礁の亀』って事でしょうか?

 

色合いが気に入ったので、あまりカスタムするつもりもなく、そのまま放置されていました。

 

 

MODと言うと、いつもヤリ過ぎな位に手を入れてしまうので、今回はさり気ないMODを目指しますよ。

 

できるだけ、イメージを崩さない方向でカスタムしましょうかね。

 

SEIKOダイバーの夜光(蓄光)はメチャクチャ光るので、わざわざ社外品に変えてしまうのは、この時計に関してはナシだと思いました。

 

えぇ、夜光好きなんで。

 

ぐへへへへ。

 

 

タートルだけに、亀のレーザー刻印が入ったドームサファイアに交換しました。

 

かめー。

 

うみがめー。

 

 

定番のコインエッジベゼルに交換。

 

このコインエッジベゼルは回転がスムーズで良いですなぁ。

 

 

ちょっとだけ、イタズラも追加ですよ。

 

 

パッと見では、純正のままっぽくなりました。

 

 

タートルの透かしも、全然目立たないですね。

 

 

亀。

 

最近は、MOD用のクラウンで『S』の文字が入ったモノが多く出回っています。

 

以前、買っておいたのですが、他の時計に使ってしまったので、今回は彫刻機で『亀』と彫ってみました。

 

かめ。

 

 

ドームサファイアも良い感じのカーブです。

 

 

やはり、純正のままに思えますなぁ。

 

 

爽やかに白いストラップにしようと思っていたのですが、合わせたのはセイケデリックなストラップでした。

 

あはははは。

 

さー、明日も来客が多いので、寝ますねー!

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませー。

| ZENMAIWORKS | comments(4) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ