ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
取り敢えず。

 

お盆と言えども、休みじゃない方も多いと感じた水曜日。

 

と言うか、いつまでがお盆休みなんでしょ?

 

 

快晴ですが、晴れると風が強いのは嫌がらせでしょうか?

 

ゼンマイモトは横風に弱いので、全然楽しくないですよ?

 

良いんですか?

(何が?)

 

 

ハトいました。

 

ハトを嫌がる人も多いようですが、なんでしょ?

糞とか?

 

人間だって空き缶やビニール袋や煙草の吸い殻をポイ捨てしてるのに。

 

ハトを嫌がる前に、自分達の行動を見直した方がイイですよね!

 

 

あ、午後イチで歯医者さんに行って来ました。

 

月曜の夜にランチのメロムパンさんを食べてたら、奥歯の詰め物が取れたんですよ。

お盆で歯医者さんなんてお休みですよ?

 

恐るべし『13日の月曜日』

 

さてさて、昨日ショックのあまり放心したAPのトゥールビヨンです。

 

 

社内に溜め込んでいるジャンクのムーブメントから適合しそうな振り石を探していました。

 

APやらP.PやらOMEGAやルクルトなど、結構あるんで。

 

『これだけあれば1つ位はあるだろ』

 

振り石なんて規格が決まっていそうですし、サイズの問題だと思うんですよ。

小さめのムーブメントを狙い撃ちで、片っ端からバラして確認していきました。

 

全然ない。

 

一応、業界の大先輩に電話で訊いてみましたが、

 

『アレは細いでしょー?無いよねー』

 

デースーヨーネー。

 

そこまで確認できたので、お客様に報告と相談をしました。

 

『カクカク、シカジカなので諦めませんか?』

『金額的にはアレですが、メーカー出しをお勧め致します』

 

 

さて、トゥールビヨンの心臓部を分解するか。

 

えぇ、継続して何とかする事になりました。

 

うえぇぇぇ。

 

取り敢えずは今スグに解決する事ではないし、かと言ってベンチの上でバラバラにしておくワケにも行きません。

 

作業を進行する事は決まったので、先にできる事を始めます。

 

 

洗浄して組み始めました。

 

 

薄型のムーブメントだけあって、色々と工夫が見られます。

 

角穴車も厚みを抑える為に、香箱に被さるように付きます。

 

 

洗浄を終えた地板?裏蓋?ケース?です。

 

 

先に自動巻のパーツを組んでから、輪列を組みます。

 

 

通常のムーブメントとはレイアウトが全く違います。

 

お陰で理解に時間が掛かります。

 

歳だからか。

あはははは。

 

なんだとー!

 

 

これがゼンマイの動力を伝える一連のパーツなんですが、同軸上に別の歯車が載ります。

 

 

時間を合わせたり、針を回す歯車を載せますが、同軸上なので見た目の違いがありませんな。

 

 

受けを付ける前の状態です。

 

 

受けを付けました。

 

『振り石問題』さえなきゃ、全部組み終えたのに・・・。

 

この状態で保管して、振り石が見付かるか、他の方法を思い付いたらトゥールビヨンのケージを組みます。

 

チッ。振り石め。

 

時計修理の御用命はゼンマイワークス

 

おっさんムニムニ、さぁ!早く!

(03−6262−3889)

 

まで、お気軽にお電話下さい。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
想定外。

 

火曜日です。

あれ?月曜日は?

 

あれ?

あはははは。

 

 

久し振りの快晴でした。

 

ひこうき雲が見れました。

 

 

今日はエルニドのハトをアップで。

 

不思議な事にハトって3階以上にしかいないんですよ。

あと高過ぎてもいません。

 

高所恐怖症?

あ、トリだから平気か。

 

 

本日のドリンクは趣向を変えて。

中にクリームとか入っていないプレーンなパンですが、意外と美味しい。

 

因みにコーヒーには砂糖が入っていないと飲めない人です。

なのでお茶も飲みませんし、水も飲みません。

 

つまり、甘くないと飲めない。

(それでもオッサンか!)

 

 

随分と前にお預かりしていたAP(オーデマ・ピゲ)のトゥールビヨンです。

 

 

薄く作った為なのか、ケース自体が地板を兼ねています。

 

ソコまでする?!

 

 

この時計は止まりでお預かりしたのですが、お客様がワインダーに掛けていたのでゼンマイは一杯に巻かれています。

 

ですが、薄型とか自動巻とかのトゥールビヨンにした弊害なのか、香箱内のゼンマイに蓄えたパワーをリリースする為の構造になっていません。

 

 

動かないテンプを直接動かすと僅かな時間だけ動くのですが、ゼンマイが解け切るまで動かす事ができません。

 

 

歯車をロックしておいて、多少でもテンプが動き切るのを待つしか無さそうです。

 

無理矢理に分解して、一気にパワーが解放されると色々なパーツにショックが伝わって破損させる危険があるんです。

ゼンマイ切れでも歯車が破損する位ですから。

 

一気に、

 

バーン!

 

ってやりたい衝動に駆られますが、グッと堪えます。

くぅぅぅ。

 

 

爪楊枝を刺されたトゥールビヨン。

この状態で放置プレイですよ。

あはははは。

 

 

実際、ソコまでヒマでも無いので、歯車を一部ロックしながらトゥールビヨンのケージを外しました。

 

これでフリーとなった歯車が自由に回転してゼンマイが解けました。

 

 

やっとムーブメントを分解できます。

 

 

バラしました。

 

 

ココで嫌な事を発見。

 

振り石がない。

 

接着剤(?)で、ソレっぽいのが形成されている・・・。

 

はぁ?!

 

動くワケないよっ!

 

明日にでもお客様に確認してみます・・・。

 

うえぇぇぇ。

 

せっかくヤル気になったのに・・・。

これでは、何の為に時間を費やしたのか分かりませんよ。

 

ふぅ。

気分転換に、珍しい時計を。

 

いや、時計自体は珍しくないかもしれませんが。

 

 

G-SHOCKです。

最近販売された、プロテクターがステンレスのバージョンですね。

 

お客様からの御希望で、純正のラバーベルト代わりにシルバーブレスレットを装着しました。

 

 

このケースは通常のモデルとはベルトの取付部分の形状が違うので、ブレスレットに合わせてアタッチメントをシルバーで製作しました。

 

G-SHOCKは全体のデザインが確立しているので、カスタムするのが難しいです。

個人的に持っているG-SHOCKすら、せいぜいがNATOストラップに変更している程度ですよ。

 

元のラバーベルトに比べて、幅が細くなるので装着感が心配ですが、金属の塊感が強調された事で間違いなく格好良くなったと思います。

G-SHOCKの中でもカナリ異色な雰囲気ですね!

 

さて、トゥールビヨンはアレだったし、帰りましょうかね・・・。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

おっさんムニムニ、さぁ!早く!

(03−6262−3889)

 

まで、お気軽にご連絡お待ちしております。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
バネ棒加工。

 

13日の月曜日。

 

13日の月曜日。

 

いや、何でもナイデス。

 

 

夜になって降水確率が高くなっていたので、今日も傘号で出勤です。

 

あ、走行中に適当に撮ったら、こんな写真でした。

あはははは。

 

 

快晴の空をバックに八重洲のエルニドとハト達。

 

全身を羽毛に包まれていますが、暑くないのでしょうか?

あ、羽毛布団って冬は暖かくて夏は涼しいのでしたっけ?

 

イイナー。

 

本日は昨日ムーブメントを組み終わったバルジューの続きでした。

 

 

ダイアルと針を取り付けますよ。

 

 

ズビシッ!

 

 

プッシャーの具合が悪かったので、そちらも修理しました。

 

 

そう言えば、ムーブメントは問題無く動いていました。

 

よかった、よかった。

 

今回は落とし穴が少なくて。

 

 

ケーシングも終わったので、暫くテストします。

 

それにしても、

 

ビンテージ・クロノばっかり。

 

 

夕立?ゲリラ豪雨?がありました。

カミナリも鳴っていましたねぇ。

 

これだから夏は油断できませんよ。

 

 

あ、久し振りのメロムパンさんです。

全然新製品が出ませんケド、どうなっているのでしょうか?

 

許さん。

 

 

こちらはバネ棒が片方欠損してしまっている時計です。

 

通常であれば、その場で新しいバネ棒を取り付けて終了なんですが、サイズが17.5mmと特殊な為にお預かりしていました。

 

 

長いバネ棒を持って来ました。

あまり使う事のない24mmです。

 

このバネ棒を元に、加工して長さを17.5mmのバネ棒にします。

 

 

まずは切断ですね。

 

 

切りました。

 

右側から押さえているのは切断された瞬間にバネの力で飛んで行かない様にです。

 

 

びよよーん。

 

この余分なバネは切ってしまいます。

 

 

今度はバネ棒の先端を押し込みながら、パイプの先端を絞っていきます。

 

 

切ったバネと、加工したバネ棒。

 

 

17.5mmになりました。

 

そう言えば、こういった中間サイズのバネ棒って売っているのでしょうか?

昔からこんな方法で対応していますが、他の時計師さんってどうしているのでしょうか。

 

 

あ、時計本体はボストークでした。

 

今日はお盆期間中と言う事で、気分的に早めに帰ろうと思っていたのですが、結局は朝ですな。

 

さすが、

 

13日の月曜日。

(関係ナイ)

 

アホなこと言ってないで帰ります。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

おっさんムニムニ、さぁ!早く!

(03−6262−3889)

 

まで、お気軽にお電話下さい。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
順調。

 

相変わらず天候が不安定な日曜日でした。

 

なんだかなー。

ゼンマイモトに乗れそうで乗れません。

 

明日も似たような天気ですな。

 

イラッ。

 

 

特別な意味はありませんが、傘号の走行距離が55,555kmでした。

 

ゴゴゴゴゴ。

 

ゾロ目ですよ、ゾロ目。

 

さ、そんな日曜日ではありましたが、昨夜(今朝方?)途中まで組んだバルジューの続きでした。

 

 

これはリセットハンマーを戻すバネなんですが、表面が錆びていています。

 

洗浄前にキレイにするのを忘れていたみたいです。

あはははは。

 

 

手万力で固定して錆取りとヘアラインを入れておきました。

 

 

これでほぼクロノグラフは組み終わりですよ。

ふふふふふ。

 

 

レバー類も含めてキレイになったと思います。

 

やっぱりネジを磨くと全体の印象が全然違います。

 

裏蓋で見えないんですケドね。

 

かと言って、ムーブメント見たさに裏蓋を開けたら、その瞬間に修理保証が切れますし。

 

 

続いて、ダイアル側の12時間積算計のパーツを組みます。

 

スモセコと30分のカウンターだけだとシンプルで良いのですが、12時間積算計が付くと途端に面倒になります。

 

なので個人的には2カウンターの方が好きです。

 

あ、クロノグラフはキライです。

 

 

こちらも組み終わりましたー。

 

 

恐らく、何となく、気分的には、もしかすると?

クロノグラフの中でもバルジュー72系が一番多いような気がします。

それもあって、今回は順調だったのカモ。

 

明日までクロノグラフを作動させたままで動作確認をします。

何か見落としているトラブルとかあるかもしれませんので。

 

止まってたらドウシヨウ。

順調とか言っておいて。

 

その時はコソっと直しましょう。

そうしましょう。

ぐへへへへ。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさんムニムニ、さぁ!早く!

(03−6262−3889)

 

まで、お気軽にご連絡下さいまし。

 

世間はお盆休みなんですかねー?

弊社はお盆期間も通常営業中でございます。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
スタートと外出。

 

雨がパラつく土曜日でした。

 

正確には日曜日のAM5:00ですが。

ワタクシの日付変更時刻はAM6:00です。

ですので、まだ土曜日です。

 

土曜日なんです。

 

ぐはぁ。

 

本日は『山の日』だとか。

山には行っていませんな。

 

昨日、一気にネジを磨き終えたバルジューを組み始めます。

 

もうね、週末とか定休日とかお盆とか全然関係ないですよ?

 

ハトもいなかったし。

(関係ナイよ?)

 

 

いつも通りに裏周りから組み始めました。

でないとゼンマイも巻けないので。

 

 

輪列を組みます。

 

 

出車を圧入します。

 

いつもは針を押し込む時の『剣押し』を使ってフリーハンドで入れていますが、今回は修正した軸を曲げたくないので穴石調整器を使って慎重に押し込みました。

 

え?

 

『いつも慎重にやれ』?

 

あはははは(汗)

 

 

輪列の組み立てと注油が終わった状態です。

 

ここでゼンマイを巻くと歯車がクルクルーと回ります。

その回り具合のチェックを『ザラ回りを見る』と言います。

 

『ザラ』って何でしょう?

 

 

夜になって時計師達と食事の為に御徒町に出掛けて来ました。

 

 

2軒目のバー。

 

コーラと『きのこの山』ですよ。

 

子供のオヤツかよっ!

 

 

〆はラーメン。

 

はー、お腹一杯。

 

既に夜中ですが、会社に戻って続きをしますよ。

 

 

アンクルとテンプを組んで、時計として動く様になりました。

 

 

その後は調整ですね。

 

今回のValjoux 726は少し・・・と言うか、ワタクシにとっては『最新』と言っても過言ではない位に近代的です。

アウトビートの調整も楽チン。

 

ヒゲゼンマイは平ヒゲですが、精度も出しやすかったです。

 

 

もう今夜は終わりにするつもりでしたが、クロノグラフ部分を少しだけ組みます。

 

少しだけ組む意味が分かりませんね。

 

えぇ、ワタクシも同意見です。

 

 

とりあえず、外堀を埋めた感じですね。

 

修正した軸に問題が無いかテストもしたかったので、ここまで組んでおきました。

 

今回は凄く順調な気がします。

多分、ネジを一気に終わらせたので、時間的なマージンが出来ただけだと思いますが。

 

この調子で次回はクロノグラフ部分を終わらせたいトコロです。

 

さ、帰って寝ますー。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

おっさんムニムニ、さぁ!早く!

(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

 

お盆休みはございませんので、月曜日からも通常営業です。

| ZENMAIWORKS | comments(2) | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ