ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
ケース補修。

 

日曜日でした。

 

つまり、明日は月曜日。

 

明後日は、火曜日。

 

で?

 

 

あまり晴天ではなかったですが、気温は高めでしたねー。

 

虫はいましたケド。

 

 

ハト!

 

 

毛!

 

3ヶ月ぶりに美容院へ。

 

年4回の散髪のうちの1回です。

 

実家の犬のトリミングの方が多い。

 

 

担当の美容師さんのサプライズで、初代IBREWの元店長の淳ちゃんと隣同士でした。

 

二人同時に作業するとか流石です。

 

あ、IBREWとは弊社の入っているビルの1階にあるクラフトビール屋さんです。

酒が飲めないワタクシは、初代の頃に毎日ランチで通っていました。

 

その頃はメロムパンじゃなかった。

 

 

美容院から会社は徒歩2分位ですので、戻って来て作業ですよー。

 

微調整を繰り返していました。

 

機械式の時計だと『姿勢差』と言って、時計の位置によって精度にバラ付きがあるのが普通なんです。

 

大まかに分けると、ダイアルが上の時と下の時、クラウンが上・下・右・左の6姿勢でチェックして調整していくのです。

 

アンクルと振り座・ヒゲゼンマイのコンディション・ヒゲピンの間隔・テンプのバランス等々、姿勢差に絡む要因は多岐に渡ります。

 

要所要所をクリアしたら、最後の最後でムーブメントを動かしながら動的にバランスを取ります。

 

経験を活かして姿勢差を詰めていく作業は、時計師ならではの醍醐味かもしれませんね。

 

スンゴイ面倒ですケドー!

 

 

ケースに錆が見られますので、こちらも作業しなくては。

 

 

バラして錆を取って洗浄したのは良いのですが、困った事に気が付きました。

 

クロノグラフのプッシャーのネジを回しても、プッシャーが取れない。

 

なんで?

 

オジサンを拒否してる?

 

 

どうにか外してみると、ネジが潰れた上に、更に接着してありました・・・。

 

うえぇぇぇ?

 

 

プッシャーのボタン側の穴も歪んでいますな。

 

一体、何が起きたんでしょうね。

 

さて、どうしようカナ・・・。

 

 

とりあえず、今夜こそ暗いうちにカエリマス。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話お待ちしておりますデス。

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜 5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
渋谷とか。

 

晴れた土曜日デス。

 

 

突然現れたUFOに吸い込まれる瞬間を捉えました。

 

えぇ、ウソです。

エイプリルフールなんで。

(だいぶ前に終わったよ?)

 

いや、本当にこんな感じなのでしょうか?

 

 

ばびゅーん。

 

 

ハトが見付かりませんでした。

 

ハトケツでお許し願おう!

 

今日は渋谷なんて大都会に出掛けてみました。

 

若者と外人さんが多かったデス。

 

都会コワイ。

 

 

大きなトラックが来ました。

 

横っ腹に書かれた言葉を見て、コクコクと頷きながら賛同せずにはいられませんでした。

 

 

『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』

 

うんうん。わかる、わかる。

 

さらに言えば、可能ならベッドの中で光合成したい。

 

 

目的地の『SUNS』さんです。

 

あ、メガネやサングラスのお店です。

 

 

SK8やキャップが。

 

 

写真が。

 

 

怪しい人影が。

 

 

カエルが。

 

 

缶バッジが。

 

 

カメラマンの『mick park』さんの写真展が行われていました。

 

あと、mickさんが手掛けている『SK8easy』と言うスケートボードブランドの製品も飾って(売って?)います。

 

クリエイティブな人達と接すると、当然ながら自分には真似できない事ばかりで、ココロがモヤモヤします。

でも、そんな事を改めて感じられる機会も大切カナ?

 

明日までの開催だそうですので、お時間がある方は是非ー。

 

 

なんか久しぶりな気がするラーメンです。

 

いや、週一で食べてるっぽい気もしますが。

 

 

さて、会社に来ちゃったので昨日の続きをしますかー。

 

 

クロノグラフのパーツ達を組んで行きますよー。

 

 

いつも組む順番を考えてはいるのですが、結局は毎回適当です。

(こら)

 

 

ネジとか全て磨き終わっているので、淡々と組み立てられるのはストレスが無くてイイですなー。

 

 

裏蓋側はもう少しです。

 

 

クロノグラフランナーの受けと、リセットハンマー以外は組み終わりました。

 

 

これで全部デス。

 

 

歯車の噛み合いを顕微鏡でチェックしながら調整します。

 

 

今度はダイアル側ですね。

 

 

クミマシタ。

 

 

ケーシングは次回ですね。

 

始めてしまえば、スンナリです。

 

要は腰が重いって事?

 

太ったから?

(物理的な問題?!)

 

でも、太ったお陰か冬のバイクが辛くなかった!

 

脂肪は大事。

 

ん?暖かくなったらどうしよう・・・。

 

あ、今夜(今朝)も帰宅時には明るくなりそうダゼ。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さい!

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
作業日和。

 

もう週末でした。

 

実は、昨日が金曜日だと思っていました。

 

てへっ。

 

 

帰り道の最初の首都高のカーブです。

 

まだエンジンもタイヤも暖まっていないので、慎重に飛ばさないといけません。

 

法定速度厳守ですよ?

 

空が明るいのは幻覚でしょう。

 

 

箱崎を過ぎて小松川線に分岐するのですが、この先は左車線の路面の状態が悪いので、インベタで分岐です。

 

いや、ここまでインベタじゃなくても良い気がします。

 

クルマのタイヤが通らない路面には、色々な異物が落ちているのでパンクの原因になりますからー。

 

 

よく分からないテンションに駆られたまま、実体のない何かと闘いながら走行中。

 

マリオカートで言う『ゴースト』を追っかけている感じでしょうか?

 

いや、マジで何と闘ってんの?

 

 

こちらは今朝です。

 

相変わらず、何かと闘っている様です。

 

 

パーキングに入ると、ベスパを発見。

 

正確には『LML STAR Deluxe』?

 

『LML』はインドで『PIAGGIO VESPA PX』をライセンス生産していた会社ですから、パッと見では見分けがつきません。

 

PIAGGIO社がハンドチェンジのベスパの生産を止めていた期間も、LMLではハンドチェンジのモデルを生産していて、日本でも人気があったみたいですねー。

 

 

聞いた話しでは、ほぼ同じに見えるエンジンは『LML』独自のチューニングが行われているとか。

 

ちょっと羨ましい・・・。

 

 

ガン見してくるハト。

 

うえぇぇぇ?

 

なんだろー?

 

 

惑星や隕石ではなく、頂いたメロムパンでございます。

 

ゴクゴク。

 

今日はお客様も多かったのですが、夜の早い時間から作業ができました。

 

 

以前OHをしたSMITHSです。

 

『突然、進みが大きくなった』との事で再度調整でお預かり致しました。

 

うーん、何だろう?

 

 

測定すると、確かに進んでいたので取り敢えず調整だけして様子を見ようと思います。

 

うーん、マジで何だろう?

 

お次は、コチラです。

 

 

随分前から作業が止まったままになっていました。

 

すみません。

すみません。

 

サボっていたワケではないのですが・・・。

 

 

洗浄などは終わっているので、トットと組み始めましょう。

 

 

輪列ぅぅぅ。

 

 

出車ぁぁぁ。

 

 

テンプも組みました。

 

んあ?

 

ビートエラーを修正すると、可動式のヒゲ持ちの位置がカッコ悪い。

 

これはバラす前から気が付いていたのですが。

 

見た目はともかく、調整範囲内なので問題は無いと思うのです。

 

じゃあ、このままで良いか?

 

否!

 

 

結局、通常の固定式のヒゲ持ちと同様に、ヒゲ玉を回して調整します。

 

可動式の意味がナイ。

 

 

やはり、こうじゃないと何か気持ち悪いですからねー。

 

 

ここ迄で、今夜一旦終了です。

 

後はクロノグラフを組んでから微調整します。

 

 

明るくなる前に会社を出ようとオモイマス。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいぃぃぃぃ!

 

あ、土日はお休みでございます。

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
工具加工。

 

ヤバヒー。

 

朝ニナルー。

 

陽ガ昇ルー。

 

 

気温も高く良く晴れた、虫の多い天気でした。

 

あ。虫は天気に含まれませんか。

 

そうですか。

 

 

首都高が混んでいたので、途中でおりてバビューンと。

 

 

ハトいました。

 

プロのハトハンターとしては毎日の義務となっております。

 

 

先日、あまり考えずに飲んでしまったので、改めて味を確認しようと思った『ふんわりマフィン チョコ』です。

 

えぇ、この時間まで記憶が残っているワケもなく、結局感想は書けない自分に驚きを隠せません。

 

いや、むしろ驚く事すらナイデス。

 

さてさて、何でかは分かりませんが本日もお客様が多かったです。

 

アリガタヤ、アリガタヤ。

ナムー。

(昨日も書いてたな)

 

 

『ハト先生トートバッグ』通称『ハグ』ですが、白(生成)は全て配布が終了してしまいました。

 

ネイビーも残数が僅かですので、『ハグ』目的の方はお急ぎ下さいましー。

 

あ、ご安心下さい。

 

ワタクシのハグではございません。

(おえぇぇぇ)

 

通常のトートバッグとかTシャツとか、たまに御注文を頂くので改めて少し在庫しておきましょうかねー。

 

 

これはペンチです。

 

先端の片側が凸になっていて、反対側が凹になっています。

 

挟む事で、主に針金などを丸く曲げる為に使用されるモノですね。

 

 

コッチは汎用品のゼンマイですー。

 

汎用品のゼンマイワークスではないですー。

 

ん?

 

どちらかと言うと、弊社は汎用品か。

 

うんうん。

(何の納得?)

 

アンティークのお時計とか、純正品のゼンマイが入手不可能な場合に『幅・厚み・長さ』の合うゼンマイを使う事があります。

 

それ自体は全く問題はないのですが、1つだけ困る事がありまして、ゼンマイの内端部分の直径の指定はできないので、香箱芯とのサイズが乖離している事が多々あるんですよね。

 

殆どの場合が内端が大き過ぎ。

 

んで、そんな場合には内端部分を小さくなる様に曲げ込むのですが、ヘタすると折っちゃうんです。

 

ペキッって。

 

ソコで、

 

『簡単に安全に、内端部分の加工ができないか?』

 

そう思って買って来たは良いですが、年単位で放置していたのが上記のペンチなんですなー。

 

あはははは。

 

年単位って。

 

いや、用途が全く違いますので大きさが大き過ぎて使えなかったんです。

 

ですが、今夜はそのペンチを加工して使える様にしようかと。

 

 

側面を叩いて潰していきます。

 

結構な音が出る作業ですので、夜中でヨカッタです。

 

 

分厚すぎるので、ヤスリで削ります。

 

 

削った部分はバフで磨いておきました。

 

腕時計用のゼンマイは小さいので、ちょっとでも薄くしたい事と、作業中にゼンマイを引っ掛けたり傷付けない為ですね。

 

 

曲げてみました。

 

作業中の写真が無いのは、思いの外曲げるのが楽しくて、写真を撮る事を忘れていたからです。

 

すみません。

すみません。

 

 

おお。イイ感じです。

 

 

特に香箱芯から出てる爪(引っ掛け)と、ゼンマイに開いている穴の部分がシッカリと引っ掛かる様にしないとイケナイのですが、ゼンマイの穴の付近は折れやすいのです。

 

ですので、何か楽に作業できる工具が欲しかったんですよね。

 

 

ちなみに右側はヒゲゼンマイを曲げる為のピンセットです。

 

さすがに小さすぎてゼンマイには使えないので、その拡大版を用意した感じですね。

 

これで、今後はゼンマイの内端を曲げるのが楽になりました。

 

 

珍しくスンナリと完成したので、気分良く帰ります。

 

いや、完成してなくても帰りますケド。

 

時計修理はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さい。

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
夜光取り。


早く帰るつもりが、全然改善されてない気がする今日この頃。

睡眠時間は足りていますか?
(オマエがな)



今にも泣き出しそうな空です。

『鳴き出しそう』

じゃないですよ?

ぽっぽー。



ハト'sがいました。



チュン太郎もいました。

スズメは警戒心が強いので、近付くことができません。

ハト先生なら大丈夫なのでしょうか?

いや、別の意味で色々と社会的にヤバそうな気もします。



初めての『ふんわりマフィン(ブルーベリー&クリームチーズ)』でした。

想像通りの味でした。

そしてコロネ並みに口の周りが大惨事になりました。

今日はカナーリ、お客様が多かったです。

アリガタヤ、アリガタヤ。
ナムー。

本当に不思議なのですが、集中する日ってあるんですよね。



昨日、途中放棄したブレゲです。



ベゼルを外したかったのですが、どう考えても裏蓋を開けても意味が無さそうです。

ナビなしで走り回って、迷子になった時の様な気持ちになりました。

今日になって時計師仲間にLINEで訊くと、スグに回答が来ました。

凄いなLINE。
(ソコじゃない)



いそいそと、外したクラウンと裏蓋を元に戻します。

あはははは。



ベゼルだけ取れました。

ヨカッター!

今回、用があるのは針だけなんですよ。



外した針達です。

ブレゲなんで、ブレゲ針です。



薬品の中へIN!



ふっふっふ。

夜光塗料を溶かしてやります。

ほーら、ほーら、苦しいかー?

そろそろ、ブツの在処を吐く気になったかー?
(拷問ではナイ)

これが、本当のブルースチールではなく、着色した針だったらヤバイですね。

そうなっても、タミヤカラーがあるので問題ありません。
(いや、焼けよ)



夜光塗料を除去しました。

えぇ、今回のご依頼は『夜光塗料の除去』でした。

えぇ、それだけです。

本当に仕事を選ばないな!



夜光好きのワタクシとしては勿体ないとも思いましたが、ブレゲ針の穴に夜光を入れる安直な感じが嫌だったのでしょうか?

確かに夜光塗料がナイ方が、ブレゲっぽいデスネ。

それにしても、全行程の中で1番時間が掛かったのがベゼル外しだったとは・・・。

あはははは。

さ、終わったので帰りましょう。
そうしましょう。

時計修理はゼンマイワークス

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

まで、お電話下さい。

↓↓↓以下定型文↓↓↓

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。
| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

このページの先頭へ