ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
BAUME&MERCIER 機止めネジ完成。

 

7月最初の金曜日でした。

 

つか、今週も終わりっ!?

 

えぇっ!?

 

 

ステアリングをクチバシで挟むハト男(はとお)。

 

身体が硬いせいか、思ったより離れていました・・・。

 

 

信号待ちで鳥が飛んで行く先を見ていたら、巣があって雛鳥達がいました。

 

ヒヨドリですかねー?

 

ココの建物の人達に大事にされている様子が伺えて嬉しくなりますね!

 

 

標識の上から見下ろす今日のハト。

 

 

このパッケージって、いくつか種類があるみたいです。

 

今回のたい焼きは泣いてない!

 

 

んさてー。

 

昨日作っていたボーム(BAUME&MERCIER)の機止めネジの続きッス。

 

 

アタマの厚みと形状を加工しますー。

 

厚みは元々厚めに作っていた事と、形状は見た目の問題デス。

 

 

若干薄くしてからテーパーを付けました。

 

 

旋盤での加工が終わった機止めネジ達。

 

 

さって、嫌いな溝削りですよ?

 

マジで苦手なんですがー。

 

本来と言うか、ちゃんとした時計師なら旋盤に組み合わせたカッターで切って行くハズ。

その方がキレイだし、こう言う作業と言うかパーツに手作業っぽさは無い方が好ましいデス。

工芸品では無いので、機械で精密に作られたクールなパーツの方が良くないですか?

 

多少手を加えれば、その環境も整うのですが、スペースが必要だし面倒なのでやっていません(笑)

 

 

少しずつネジの機嫌を伺いながら削っています。

 

この時点でセンターからズレたり、ソレを修正しようと溝の幅が拡がったりするんですよー。

 

やっぱり、工具を用意した方がイイのカナー?

でも、手でしか修正できないネジもあるからなー。

 

 

おお、何とか上手く中心を捉えたっぽいです。

 

当然、ヤスリの厚みを計算して作業をしているのですが、分かっていてもズレる時にはズレます (キリッ

 

 

ヤスリで出来たバリを取ると共に、面を出します。

 

中心に向かってスリバチ状になっていたみたいですね。

旋盤で平らに削っているつもりでも、こうやって面を出すとハッキリしちゃいますな。

 

 

亜鉛ブロックで表面を仕上げます。

 

 

磨きましたー!×2

 

 

元々使われていた木ネジ風のネジと比べて見ると全然違うでしょ?

 

でしょ?

(しつこい)

 

 

実際にムーブメントを固定してみました。

 

 

反対側も。

 

 

赤矢印の部分に使われるネジです。

 

この後で長さを切り詰めました。

反対側には通常であればダイアルだったり、今回はトリプルカレンダーのモジュールが付くので長過ぎると干渉しちゃいます。

勿論、短いとネジ穴を有効に活用できないので、ソコの塩梅は適当に。

 

いや、適切に。

 

コレでやっとクロノグラフに進めますなぁ。

ケースとムーブメントの固定ができないと、作ったプッシャーの長さも決められないし。

 

次回はクロノグラフ&プッシャー加工です。

それでは、皆様また来週っ!

 

時計修理のご依頼はゼンマイワークス

 

おっさん!

ムニムニ !

さぁ早く!

 

(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

 

土・日は定休日となりますので、お電話は月曜日以降にお願い致しますー。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
BAUME&MERCIER 機止めネジ製作中。

 

ひー。

 

もう木曜日でした。

今週もあと1日。

 

 

月曜日以来のバイク通勤です。

 

暑いですが、クルマより数十倍も楽しいデス。

 

 

ホントに天気が良かったですが、風が強い(汗)

 

でも、ハトケツに比べるとミナミコアリクイの方が圧倒的に風には強いですね。

 

 

ばびゅーん。

 

 

多くの人から大不評のTT&COのギラギラセブンティーズのヘルメット。

 

オカシイなー。

 

70'sな感じがイケてると思うんだケドなー。

 

 

ほらほら!他の人でもギラギラなヘルメットの人いたよ!!

(だから?)

 

 

ちょっくら徒歩で散歩に。

明日からまた天気が下り坂みたいなんで。

 

早く雨期が終わらないカナー。

 

 

暑いせいなのか?草むらに入って行くハト達。

 

どした?

 

 

たまには自分も電池交換をしようと思って裏蓋を開けたのですが、電池が簡単に取り出せない??

 

え?どゆこと??

 

 

この一番上の金属プレートを外さないとイケナイとか、色々とリスキーなんですが?

 

んあ!?

 

あれれ?

 

この時計って、もしかして・・・・。

 

ソーラー電池でした。

 

電池交換じゃなかった(汗)

 

慣れない事をするモンじゃないなー。

 

 

久しぶりの油そば。

 

スープで熱々ではない分、これから出番が増えそうデス。

 

 

昨日作っていたボーム(BAUME&MERCIER)のプッシャーですが、外装担当のスタッフがロジュームメッキを掛けてくれました。

 

イイ感じ!

 

あ、真ん中が元のプッシャーっす。

 

残念な感じでしょ?

 

 

さて、機止めネジをどうにかしないと。

 

良く、こんな木ネジみたいなヤツを使う気になったと思いませんか?

 

 

ケースにムーブメントを収めてみて、全体像を確認します。

 

 

さて、ネジを作りますか。

 

手持ちのアソートのネジの中には合うモノが見付から無かったんで。

 

ちっ。

(こら)

 

 

M1.0のネジにするので、φ0.9に削ります。

 

ネジ部の長さは後から調整するつもりなので、4mmアリマス。

実際に必要なのは3.2mm位でしょうか?

 

 

ダイスでネジを切ります。

 

 

反対側から見ると、ネジになった棒が出て来ます(笑)

 

 

アタマの厚みを決めたら、突っ切りバイトで突っ切って切り取ります。

 

この突っ切りの作業は正確に材料の芯を捉えないと全く切れないか、バイト(刃物)が潜り込んで失敗するので本当に緊張感を伴うし嫌いなんですが、今日は凄くイイ感じに作業できました。

なんなんだろう??

 

 

まだドライバーが入る溝を削っていないので未完成ですが、ネジのベビーができました(笑)

 

 

勢いに乗って2本目も削りました!

 

調子に乗って削っていたら切り粉が目に飛んで来て、鏡を見ながら取ろうとしたのですが見付かりません。

傷みもないので、何処か奥にでも入ったカナ?(笑)

 

苦手なドライバーが入る溝を削る作業が待っていますが、ここまではスムーズに来たので一安心です。

 

溝を削るのを失敗したら、最初からやり直しだけど(汗)

 

その時には、木ネジを使おう。

(こら)

 

時計修理のご依頼はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいまし。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
BAUME&MERCIER プッシャー製作。

 

雨が続いて嫌ですねぇー。

 

あ、今日から7月でした!

カレンダー修正をしていない人は忘れずにしておきましょうね!

 

 

雨のせいで思い付く限りの呪いの言葉を吐くハト男(はとお)

(こら)

 

 

昨日の帰りと呼んでいる今朝の帰宅途中で気が付いたのですが、代車の118iってば馬力とトルクを表示できるんですねー。

 

色々と試してみたくなるから困るなー。

(おい)

 

 

ワイパーのスイッチが自分の傘号の方が使いやすいデス。

1回だけ『チョン』って動かしたい時とか。

でも、常にオートワイパーになるのは羨ましいデス。

 

 

ウィンカーのスイッチ(レバー)も、普通のレバーになっちゃったんですね。

こう言うユーザーインターフェースって、簡単に変更しない方がイイと思うんデスガー。

 

 

あ、ベタ踏みしても160psには達しませんでした。

 

なんで?

 

今調べたら、最高出力って140psなのカモ。

 

 

あーめー、すーごーいー。

 

 

カラスっぽいハトいました。

 

雨なんだから風邪ひかないでね?

 

 

Enicar(エニカ)。

 

えにかー。

 

 

最近多発しているお問合せに『風防の内部が曇る』と言うのがあります。

なんで?今迄は無かったのにー。

 

で、念の為に点検でお預かり致しましたが、内部は写真の通りにとっても綺麗な状態をキープしていました。

 

古いお時計ですと、どうしても防水不良が多いので、空気中の湿気が内部に入ってしまい、外気と室温の温度差などで曇ることがあります。

明らかな水滴だと水入りの可能性がありますので、その場合には1秒でも早く分解した方がイイのですが、軽く曇る程度だと判断が難しいデス。

 

不安を感じたら、迷わずに最寄りの時計修理店に相談された方が賢明かと思われますデス。

 

 

昨日、脳内妄想で終了してしまったボーム(BAUME&MERCIER )のプッシャーの製作に入りますー。

 

社内で『緑色の旋盤』と見た目のままの呼び方をされている卓上旋盤のミーリングアタッチメントを使います。

 

この画ヅラを見ると『コレは時計師の仕事なのか?』と疑問がフツフツと湧きあがります。

 

気のせいでしょうか?

 

ねぇ?ねぇ?

 

 

真鍮棒をエンドミルで平らな面に削り出しています。

 

例によってキチンと測ったりしていません (キリッ

 

 

割り出し盤で、正確に反対側も加工します。

 

これで計算上は6mmの真鍮棒から1.6mmの厚みの板状になったハズです!

 

多分。

きっと。

・・・だったらイイな。

(おい)

 

 

材料を旋盤に付け替えて、バイトで削ります。

 

 

こんな感じで、板状の材料から軸を削り出します。

 

 

軸の直径もφ1.6に削ります。

 

 

削りましたー。

 

材料のセンターがズレると、板状の部分と軸のセンターがズレて格好悪いので、汎用性の高い三つ爪チャックではなく、より正確に保持できるコレットチャックを使用しました。

 

作業だけは真面目にやっております (キリッ

 

 

今度は必要な部分を突っ切りバイトで切り出します。

 

突っ切りの作業は音も出ますし、そもそも緊張を伴うのですが、材料が真鍮なんで少し気が楽ですね。

 

 

お?もう少しで切り取れそう・・・。

 

 

じゃじゃーん。

 

イイ感じじゃないですか??

 

どう?どう?

 

 

あ、似た様な画になっちゃいました。

 

ベンチに移動して、追加工を行いますぅ。

 

 

つか、平面を削り出すことばかり考えていたら、側面を削るのを忘れていました。

 

てへ。

 

 

側面と先端を削って形にしていきます。

 

 

エンドミルやヤスリでついた『ツールマーク』を消したいので、ココからは手作業です。

 

とても面倒です。

 

あ、面倒とか書いちゃダメです。

 

 

まだ作業途中ですが、こんな感じになる予定です!

 

 

長さも揃えて十分な量を確保しましたので、多少の調整は効きます。

 

 

この状態で外装担当者にロジュームメッキを掛けて貰いましょう。

メッキを掛けても、ケースと擦れるので剥がれちゃうと思いますケド。

 

その間にムーブメントをケースに固定する方法を考えないと・・・。

なんせ、G-SHOCKの裏蓋ネジみたいなゴツイネジで固定されていたんで。

 

何とか妄想も現実となりそうですので、ホッとしました。

 

イヒヒヒ。

 

時計修理のご依頼はゼンマイワークス

 

おっさん

 

ムニムニ 

 

さぁ早く!

 

(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
BAUME&MERCIER プッシャー製作準備。

 

もうサクサクと書いて帰ろうと思う午前四時です。

 

書き出しから帰る気満々。

(こら)

 

 

代車での出勤で、うろーンとしているハト男(はとお)でございます。

 

 

オートマ・・・良く分からん。

 

迫り来る料金所。

シフトダウン。

 

シフトダウン??

え?

あれれ?

 

フットブレーキ!

 

そんな感じッス。

 

 

本当に雨がウザい。

(おい)

 

 

出勤後、間もなくの加工依頼。

 

 

あー、クラウンに折れ込んだ巻芯抜きでした。

 

んで、ココからが本番と言うか、後回しにしていた課題の作業でした。

 

作業の順番として、いよいよ手を着けないとー。

 

 

今OH?修理?しているボーム(BAUME&MERCIER)のクロノグラフプッシャーですー。

 

恐らく、左側のプッシャーは純正だと思われますが、右側は明らかに作られたプッシャーだと思われます。

手作りが悪いワケではなくて、比べるまでも無く長さが全く足らないと言う・・・。

 

 

真鍮の棒材を切り出しました。

 

えぇ、この時点ではノープランです。

(こら)

 

 

あ!左の2つは新品のランデロン用のプッシャーです!

クロノグラフ関係に強いディーラーさんからお借りしました!

 

こうして見ると作られたプッシャーは、コレをサンプルにしたのでしょうか??

恐らくですが、このボームはクロノグラフ+トリプルカレンダーなので、ケース側面の厚みが特殊なのでしょうねー。

なので通常のプッシャーだと長さが足りない?

違う?

 

あれれ?

 

 

まだノープランなので、とりあえず図面を引いてみたりして現実逃避です。

 

方眼紙!懐かしっ!

 

 

未だにノープランのままです。

(おい)

 

どんな工程で、どの部分から作り始めるのが正確で安全かを脳内で妄想中でございます。

 

ま、思い付いても失敗して作り直す事になるのでしょうが。

 

さて、どうしよう・・・。

 

うーん、うーん。

ぐー。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
BAUME&MERCIER 精度調整。

 

真夏な月曜日。

 

あちちちち。

 

 

金曜の深夜?土曜日の朝方?

 

どうにもテールランプ横の丸いリフレクター×2が気になるお年頃。

リフレクターだけを外そうにも、溶接されてるのねー?

 

現行だと四角いリフレクター×1に変更になってるのは不評だったのか?

いや、現行車の人が逆に丸に交換している事もあるみたいなんで、無い物ねだり??

 

単に何かしたいだけ!?

 

 

外しました。

 

 

超定番で何のヒネリも無いですが、ルーカステールにしました。

 

確かにスッキリしましたケドー。

今度はウィンカーの大きさが気になるお年頃。

(おい)

 

とりあえずは、このままー?

 

 

日曜日の朝方になって、ふと配線を辿ります。

 

 

暑い。

 

深夜だか朝方でも暑いぃぃぃ!

久しぶりにガレージのエアコンを稼動しようと思ったらリモコンの電池が無くて、電池探しから始めました。

 

 

以前入手したは良いが、配線とかバルブ(電球)も無くて放置していたウィンカーを組立る事にします。

確か、このウィンカーは初期型のゼファーに乗ってた頃にも使ったような??

 

 

ウィンカーって、本当にウィンカー本体しか入って無かったでしたっけ??

 

取付ステー+バルブ+アース線は別に用意しなきゃいけなかったとか、随分昔の事なんで記憶から消え去っていましたよ。

 

 

純正風に配線を作り直して装着。

 

この姿を見て『何かに似てるなー』って思っていたら分かりました。

 

面長で小さい耳・・・

 

ミナミコアリクイだった。

 

 

フロントはライトケースの中から配線を探しますー。

 

 

フロントも交換完了。

 

細いSRには小ぶりなウィンカーが似合いますな。

 

 

あ、昨日から傘号が車検に旅立ちました。

代車で118iが来ておりますデス。

 

 

夜になってゼンマイモトII(仮称)のガソリンを入れに出たら、ネコちゃんが目の前を横切りました。

 

アブナイよー。

 

 

帰って来たら、同じ所でまたもやネコちゃん横断。

 

なんなんー?

 

今度は2週間ぐらい動かしていないゼンマイモトの機嫌を見る為に出ると。

 

 

違う道でネコちゃん横断。

 

どした?なにかあったの!?

 

 

出たー。

 

サンドブラストカー。

マジで飛んで来る砂粒が痛い・・・。

 

 

インベタで新大橋を通過。

 

 

毛繕い中のハト。

 

 

今日は4回もMacのシステムダウン・・・。

だいぶボディが膨らんで来ましたが、そろそろヤバイでしょうか?

 

 

んさて、ボーム(BAUME&MERCIER)の調整ですー。

いや、ランデロンの調整と言うのが正しいのか。

 

デロンデロン。

 

 

まずはウザいアウトビートから取りますか。

 

 

うんうん、ズレてるズレてる。

 

 

ヒゲゼンマイを固定しているヒゲ玉を回して調整します。

 

 

うんうん。

こんなモンですか。

 

 

時計を平らにしている姿勢と、縦にした時の姿勢では精度に差が出るのが普通なんですが、その差を埋める?減らすべく?ヒゲピンの間隔を調整しますー。

 

いや、上の状態でも結構触った後ではあるのですが。

 

 

ヒゲピンの隙間を更に狭くしました。

 

 

平姿勢と縦姿勢を含めて、ある程度の調整をした結果ですが、かなりの進みになってしまったのでトータルでの調整しますが、まずは緩急針を真ん中にしておきます。

 

どうせ、色々とやり直すんだから最終的に綺麗な位置を目指したいですからねー。

 

 

チラネジにチラ座(重り)を足しながら、イイ感じまで繰り返します。

 

 

現段階では、こんな感じになりました。

あとは最後にテストをしながら合わせて行きますねー。

 

うおっ。

ねむっ。

 

今夜はこの辺で帰りましょう、そうしましょう。

 

時計修理はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さい!

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

このページの先頭へ