ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
罠。

 

日曜日でしたー。

 

全然、ブログを書く気分じゃないのですが、書きますよ。

(どした?)

 

 

強風も収まったようで、快適に飛ばします。

 

いや、飛ばしていません。

 

本当ですって。

 

本当に?

 

 

昨日は、雨でもないのに傘号に乗りました。

 

買い出しとか、蕎麦を食べに行ったりとか。

 

明日と明後日は天気が悪そうですので、傘号の出番かもしれませんねー。

 

 

ハト来ました。

 

なに?なんなの?

 

 

自宅で『メロンクリームのメロンパン』を丸飲みしてから出社しましたよ。

 

たまにセブンに行くと、見慣れないメロムパンがあったりして新鮮ですよ。

 

さて、前回お伝えした『YEOMAN』ですが、中途半端にバラしたので、ついでにOHしてしまおうかと。

 

あ、このヨーマンはいずれ売り物にしますよー?

 

 

ばらばらー。

 

 

一応、ネジもミガキマスヨ。

 

 

ぐりぐりー。

 

本数的には多くないのですが、一見綺麗に見えたネジ達でしたが、深い傷が多くて面倒でした。

 

で、諸々の作業をして・・・それは改めて書こうかと思うのですが、

 

 

最後の最後でトラブルが。

 

トラブルが。

 

トラブルが。

(しつこい)

 

罠なの?

 

ねぇ?どうなの?

(罠ではナイ)

 

すっかり、ヤル気を失ったので帰りますよ。

 

チッ。

(こら)

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいましぇー。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
YEOMAN。

 

関東地方は台風10号の影響も少なくて済んだみたいですなー。

 

結局、ずっとゼンマイモトで通勤できていましたし。

 

風は強かったですけどー。

 

今日もお隣の後輩君がいたので、お腹をくすぐってから出勤です。

 

 

うがっ!

 

雨かと思ったら、前を走る車のウォッシャー液が飛んできました。

 

イヤガラセか?

 

イヤガラセなのか?

 

後ろにバイクがいる時はウォッシャーとかヤメテ欲しいっす。

 

マジで。

 

 

おっと、パトカー。

 

くわばら、くわばら。

(なんで?)

 

 

昨夜の帰りも覆面パトカー。

 

くわばら、くわばら。

(だから、なんで?)

 

 

ハトいました。

 

茶色いから、茶バト?

 

 

完全にビジュアルで選んでいる、本日のドリンク。

 

いや、ランチですか。そうですか。そうですね。

 

そうかな?

(そうだろ?)

 

 

突然ですが『YEOMAN』の時計でございます。

 

『YEOMAN Chronoscope』

 

『ヨーマン クロノスコープ』って読むのでしょうか?

 

1950年代の時計だと思います。

 

 

Chronoscopeって、測定器と同じ名前だー。

(で?)

 

 

ムーブメントはETAのCal.1186です。

 

この時計がちょっと面白いんですよー。

 

クロノグラフでは無いのですが、簡易的なクロノグラフっぽい使い方ができます。

 

 

ちょっと内部を見てみましょうかねー。

 

 

見慣れないレバーですね。

 

リセットハンマーなのですよ。

 

 

ダイアル側から見て、2時位置のプッシュボタンを押している間だけ、矢印のスプリングが歯車に接触して秒針の回転を止めます。

 

ブレーキですね。

 

プッシュボタンから指を離すと、再度秒針が動き始めます。

 

つまり、普段は普通のセンターセコンドの時計に見えますが、プッシュボタンを押した時には秒針が止められる構造なんです。

 

 

秒針が付いてる軸には2重の歯車が付いています。

 

青い矢印が通常の4番車の歯車ですが、秒針の軸には固定されていません。

 

ただし、赤い矢印の車が、常に青い矢印の車に追従する様に噛み合っています。

 

赤い矢印の車の方が、秒針の軸と固定されています。

 

 

矢印の先に見える、小さなギザギザが分かりますかね?

 

 

見えますかねー?

 

見えない方は心の眼で・・・。

 

 

分解すると、こんな風になっています。

 

右が4番車で、先端にギザギザが付いた銀色のパーツが固定されています。

 

左側の歯の裏麺にギザギザが付いた部分と、銀色のギザギザが噛み合う様になっています。

 

2時位置のプッシュボタンを押し込む事で秒針を止められますが、その間はギザギザの噛み合いがスリップする事で、時計自体は動き続けています。

 

クロノグラフ的な使用においては秒針がゼロに帰零しないと使いづらいと言うか、あまり意味がありません。

 

 

4時位置のプッシュボタンを押す度に、秒針がゼロ位置に帰零する構造になっています。

 

矢印で指し示しているレバーがリセットハンマーの役割をしていて、

 

 

プッシャーを押し込むと、大きなハートカムに押し付けられて帰零する仕組みです。

 

リセットハンマーの先端は回転する円盤になっていて、ハートカムに対しても優しさを感じられる設計です。

 

実際の運用では、4時位置のプッシャーで帰零させてから、指を離してスタート。

 

任意のタイミングで2時側のプッシャーを押してストップ。

 

その間の秒数を確認する感じでしょうか。

 

プッシャーから指を離すと、秒針として動き続けます。

 

元々がセンターセコンド用のムーブメントとして設計されていますので、クロノグラフ的な使い方をしてもトルクの落ち込みは無いですし、普段は秒針として利用して、必要な時には計測に使えるワケですね。

 

その『必要な時』がいつ来るのかは知りませんが。

(台無し)

 

まさに、近年のクロノグラフの主流となっている『垂直クラッチ式』と同様の効果を持っています。

 

実際には針を止めたまま固定はされませんので『クラッチ』とは言えませんケド。

 

マニュアルミッションのクラッチに対して、オートマチックミッションの『トルコン』の方が近いですね。

 

垂直クラッチ式のクロノグラフだと、セイコーがCal.6139を発表したのが1969年で、フレデリック・ピゲのCal.1185が1987年。

現行のロレックスのデイトナに搭載されているCal.4130が2000年です。

 

それらに先んじて生まれた、このETAのCal.1186はそれらの源流に『何らかの影響を与えたんじゃないか?』とか妄想が膨らみますよ。

 

 

珍しく、マジメな事を書いたので、スズメで癒されて下さい。

 

いや、むしろワタクシが癒されたい。

 

 

夕方から『GENROQ Web』の打合せでしたー。

 

ちょっと面白い時計と出会った事で、前のめりに山田さんに『見てよコレ!面白くないっ?!』ってYEOMANを見せたら、ワタクシの期待値に対して反応が氷点下以下に低かったので『あとで不幸の手紙を書こう』と強く思いました。
(おい)

 

そして、当然ながら広田さんは面白さに迎合してくれました。

 

面白いし興味深いと思うんだケドなー。

 

 

モータージャーナリストの山田さんをラーメンに誘ったのに振られたので『送る不幸の手紙の枚数を増やそう』と思いながら、いつも通りに独りでラーメン屋さんに向かいました。

 

 

初めてトッピングで『めんたいこ』を頼みました。

 

妻から週に一度と決められている『ラーメンを食べる権利』を使ってしまったので、しばらくはラーメンは食べられません。

 

あ、もう金曜日だから関係ナイか。

 

 

ひゃー、久しぶりに朝になってしまったので、帰りますねー。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

 

なお、土・日は定休日となりますので、お問合せは月曜日以降にお願い致しまする。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
また失敗。

 

いんやー、風が強かったですねー!

 

西の方は台風の影響は大丈夫なのでしょうか?

 

 

おや?お隣の親子さん。

 

この子が凄く可愛くて『大きくなったらサトウさんになれる?』って言ってるらしいんですよ。

 

たぶん、『バイクに乗れる?』って意味だと思うのですが。

 

そうそう!ワタクシが千葉県に引っ越してきてから通っていた幼稚園の後輩です。

(何十年離れてるんだよ?)

 

後輩君、こんなオトナにならない様に、ご両親の言う事を良く聞いて良い子のままでいてね?

 

でないと、お腹くすぐっちゃうよ?

 

良い子にしてても、くすぐると思うケド。

(おい)

 

 

鳥ではなく、上空をコンビニ袋が優雅に飛んで行きました。

 

パタパタパタパタ。

 

 

一般道で伏せているのではなく、ミラー越しに後ろから迫り来るスクーターを見ているんだと思います。

 

いや、前見ろよ。

 

 

今朝、出がけにスペアタイヤカバーを外したので、ピカピカなステンレスチャンバーが良く見える様になりました!

 

あと、ホイールキャップも!

 

ゼンマイモトのカスタムの目標は、『スポーティ&エレガント』でございます。

 

まるでワタクシの事のよう・・・人は自分に無い物を欲するのですよ。

 

しくしく。

 

 

ハトいました。

 

正確には、ハト来ました。

(ソコ、必要?)

 

 

本日のドリンクは、ノドに詰まりそうな『コクのある甘さの黒糖蒸しぱん(レーズン)』でした。

 

久しぶりに蒸しぱん食べたなー。

 

あ、飲んだなー。

(言い直さなくてイイ)

 

 

夕方になってドエライ勢いで雨が降って来ましたよ。

 

 

うーん、台風の直撃はなくても、急な天候の変化には気を付けないといけません。

 

あ、『全然説得力が無い』とか言っちゃダメです。

 

自分、晴れ男なんで。

(しつこい)

 

さてさてー。

 

昨夜、青焼きしていた秒針を取り付けますかー。

 

 

うっお。

 

ナニこの短いホゾは。

 

 

ほほーん。

 

だから、純正の秒針のハカマが、こんなに短いんですなー。

 

とてもハカマに見えませんよ。

 

 

純正の秒針を参考に、青焼きした方の針のハカマを短く削り落とします。

 

 

折れました。

 

分針とのクリアランスがタイトなんで、下方向に曲がっていた秒針の先端をフラットにしようとしたら折れました。

 

もう、心もポッキリですよ。

 

 

ファミマのアイスココアを買ってきて、いったんクールダウンしますよ。

 

アイスココアうめぇ。

 

 

昨日『在庫が枯渇している』と書きましたが、針をドッチャリ入れてある箱の中に磁石を入れてみたら、スチールの針がゴモッと取れました。

 

 

磁石で拾ってしまったので、まとめて脱磁してから選別します。

 

金色の針も混じっていますが、どうやらスチールにメッキしてあるんですな。

 

 

何となく選んだ針です。

 

金色ですが、磨いてしまうのでメッキも剥がれるでしょう。

 

うんうん。

 

 

まずは、長さを合わせてカットしました。

 

 

んで、磨きました。

 

スチールの地の色が出て銀色になりましたー。

 

綺麗に洗浄して脱脂しますぅ。

 

 

早速、青焼きしますね。

 

青焼きは鮮度が大事。

(ウソ)

 

 

外は雨が降っていないか気にしながら焼きます。

 

帰りに降られたらやだなー。

 

 

は?

 

なんなの?

 

まだメッキが残ってたの?

 

昨日とやってる事が変わらなくね?

 

ううう。

 

もう、神様の意向で『残りの生涯を捧げてブルースチールの秒針を作れ』って事なんですかね?

 

ワタクシ、一体ナニを目指しているんですか?

 

え?知らない?

 

ううう。

 

 

流石に2杯目のアイスココアを買いに行く気力もなくなったので帰ります。

 

明日は夕方から取材があるので、作業はできるのカナー?

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
青焼き失敗。

 

月曜日が祝日だったせいか、曜日の感覚が狂っていますね。

 

毎週、水曜日に届く野菜ジュースを見て、

 

『あぁ、今日は水曜日だったか』

 

その程度なんですが。

 

 

台風の影響か、今朝方も豪雨だったのでゼンマイモトでの通勤を諦め・・・ない!

 

路面に水溜まりはありますが、

 

『イケル!』

 

そんな根拠のない自信と共に出発です。

 

 

冷たっ!雨降ってきた!

 

家を出て3キロも走ってないのにぃ。

 

一瞬、引き返そうかとも思いましたが、

 

『いや、イケル!』

 

既に降り出しているのにも関わらず、何が『イケル!』のか自分でも分かりません。

 

 

晴ーれーてー来ーたー。

 

ほらヤッパリ、大丈夫なんですよ。

 

自分、晴れ男なんで (キリッ

 

 

イタタタタタっ!

 

雨粒が痛いっ!

(晴れ男は?)

 

 

まーたー、晴ーれーてー来ーたー。

 

どのみち、引き返しませんケド。

 

高速を逆走する老人と一緒になっちゃうし。

 

 

こんなにガラガラのパーキング、久しぶりに見ましたよ。

 

こんな不安定な天候でバイク通勤しているせいで、昨日はお客様に、今日はスタッフに呆れられました。

 

あはははは。

 

だって、ゼンマイモトを直して頂いたばかりだし、乗りたくてしょうがないんデスヨ。

 

バイク自体は16歳から途切れることなく乗り続けているんで。

 

その前は・・・ないちょ。

(おい)

 

雪の日に乗らなくなっただけ成長しました。

 

 

そいや、昨夜?朝方?にゼンマイモトに手を加えておりました。

 

チャンバーを交換したら、弊害が出ましてー、ホイールキャップの脱着の為に毎回チャンバーを外さないとイケナクなっちゃいました。

 

つまーり、空気圧のチェックとか充填をする度にチャンバーを外さなきゃイケナイと言う・・・。

自宅なら良いですが、外で何か起きたら大変面倒です。

 

かと言って、ホイールキャップはベスパならではの特権ですし、何よりクラシカルな外観が気に入っているので、外したくもない!

 

 

綿密な妄想(?)により、ホイールキャップにステップドリルで穴を開け、エアバルブを延長したら、ホイールキャップを外す必要が無くなりました。

 

今迄より便利。

 

作業中の写真はありません。

 

夢中で作業していた事と、手が汚れていたからです。

 

『時計修理では度々写真を撮ってるじゃん?』

 

あ・・・。

 

あ・・・あちらも真面目にやってますよ?

 

本当はお盆休み明けにベスパ屋さんにホイールキャップを外す作業をお願いしていたのですが、専用ナットを旋盤で作ってまで取り付けたホイールキャップは残したいですし、かと言ってコンナ変な作業は依頼できませんので・・・。

 

ストレートの延長バルブとL型の延長バルブを組み合わせたので、見た目はアレですが格段に便利にはなったので、ビジュアル的なモノは今後考えます。

 

夜中だってのに、ガレージの中が暑くて汗だくになりましたよ。

 

あ、エアコンつければヨカッタ・・・。

 

 

一応フロントもやっておきました。

 

なんだかスチームパンクな感じです。

 

 

久しぶりにハトいました。

 

毛繕い中。

 

 

ココにもいました。

 

 

ランチのドリンクに悩んだ結果、『コーヒーサンドケーキ』にしました。

 

しっとり。

 

さてと、本日も変わらぬ日々を送っておりました。

 

雨に降られた以外は。

(関係ナイ)

 

 

お客様から、センターセコンドのみを『ブルースチール』にするご依頼でした。

 

あ、この針は純正の針でございます。

 

 

お客様の針に直接手を着ける事はなく、別に用意したスチールの針を青焼きして使います。

 

秒針の交換は人気があるので、随分と在庫が枯渇して来ましたな。

 

今後どうしよっかなー。

 

 

使えそうな針をピックアップしました。

 

曲りとか美観は気にしません。

 

どうせ仕上げますからー。

 

 

おっと、選んだ針がペイントされていました。

 

スチールなのに、なんでー?

 

あと、溶剤に浸けてるのに剥がれないのは、なんでー?

 

 

塗膜は物理除去しましたよ。

 

下地が汚いですな。

 

 

磨きました。

 

傷とか錆は、この時点で取ってしまうので、多少のコンディションの悪さは気にしていません。

 

 

青焼きする準備が整いました。

 

 

青焼き中。

 

 

ふがっ!

 

なんかムラになってます!

 

なんなん?

 

メッキでも掛かってたのでしょうか?

 

 

より深くまで磨き直して、リトライっす。

 

 

今度こそ大丈夫です。

 

これでムラになったら、針を替えるつもりでしたよ。

 

 

後はお客様の時計(ムーブメント)に合わせて、色々調整して取り付けて終わりです。

 

あ、自分が担当している時計ではないので、完成した写真が撮れるカナ・・・。

 

それでは、眠たいので帰ります!

 

 

ヒョコ、ヒョコ。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいまし。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
GALLET組立て。

 

ちょっとヤバイくらいに暑いです。

 

あ、さっきまでイタズラしてたので。

 

朝方、雨降ったんですかね?

 

道路が所々で濡れていました。

 

 

首都高の街灯にトリいました。

 

いや、いつもいますが。

 

暑いせいか、ハトは見ませんねー。

 

裸足だから、アスファルトが熱いのでしょうか?

 

 

ここ数日、フルフェイスのヘルメットを被っています。

 

別に飛ばすからとかじゃなくて・・・あれ?何でだっけ?

(おい)

 

 

おお、白バイ。

 

白バイ隊員は運転がソリャ凄く上手いのは分かっていますが、なんか偉そうに見えるのは、過去に後ろめたい恨みでもあるのでしょうか?

(なんだソリャ)

 

 

あ、スズメは飛んでいましたよ。

 

ステーキのメニューの下辺りのブッタイですよー。

 

 

千葉県成分の摂取です。

 

千葉愛がスゴイな。

(なのか?)

 

今日はルーティーンの事務処理と来客をこなしつつ、夜の部の作業も少しだけ。

 

昨夜、12時間積算計の動作テストの為に針を取り付けて帰りました。

 

んで、今日になって事務処理が一段落ついたところで思い出して確認しました。

 

 

んあ?

 

針動いてないっ?!

 

いやいや、偶然ですが12時間後だったみたいです。

 

あー、ビックリした。

 

 

その後も放置してたら、ちゃんと動いていましたよー。

 

これで安心できますな

 

 

んじゃ、ダイアルと針を付けましょう、そうしましょう。

 

 

ズビシっ!

 

 

さてと、ケーシング、ケーシング。

 

ドンドン進めないと終わりませんからねー。

 

 

おおっと。

 

機止め座の片側が割れているのを思い出しました。

(忘れるな)

 

アソートでゴモッとある機止め座の中から、適当なヤツを探します。

 

ビンテージ的な時計の修理が多いので、こう言ったパーツ達は役に立ちますねー。

 

いや、弊社は現行品の修理やオーバーホールもやってますよ?

 

ウブロとかフランクとかIWCとかもー。

 

単にブログに上がってないだけなんですよー。

 

 

おやっ?

 

機止めネジを磨き忘れていました。

 

あははははは。

 

 

磨きます、磨きます。

 

あ、黙っていればバレなかったんじゃ?

(こら)

 

 

磨きましたー。

 

んじゃ、早速ケーシングしちゃいますか!

 

 

んが?

 

クロノグラフのバネが邪魔すんですケドー!

 

 

バネ外しました。

 

とほほ。

 

 

ケーシング完了!

 

地板や受けの変色はありますが、ナカナカ綺麗になったと思います!

 

 

クロノグラフの操作感も悪くなく、特にリセットの軽さは気持ちいいですなー。

 

とりあえず、クロノグラフを動かしたまま一晩様子を見てから時間調整をしましょう。

 

うんうん。

 

やれども、やれどもクロノグラフが集まって来るペースの方が高いのデスケドー!

 

さて、明日は何から始めましょうかね?

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませぇ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ