ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 来客まみれ。 | main | メンテナンスの最前線。 >>
MODとダイアル加工。

 

どうも。

一部の人達の間で『Z社の朝刊』と呼ばれている当ブログです。

夜中にアップしているので、朝起きて読むのに丁度良いのだとか・・。

 

あぁ、せめて夕刊とかにしたい。

 

あ、全然ムリだわ。

 

 

久し振りの雨模様でした。

全然ツマラナイ。

しかも微妙にクルマが多いし。

マジでツマラナイ。

 

 

こちらはメロンパンさんの裏側です。

えぇ、ただソレだけです。

すみません。

すみません。

 

さー、久し振りなMODです。

単に写真を撮るのを忘れてネタにできていないだけとも言います。

MODなご依頼は引き続き多いですー。

 

 

ボーイです。

サンドベージュなボーイです。

でも基本的にはステルスです。

言ってる意味がわかりませんよね?

 

 

タイコノートのブレスレットと共に、全体をセラコート加工済み。

色のせいで金属っぽくなくなりましたねー。

色で重さのイメージが出来なくなったりするのがトテモ不思議です。

 

 

実は、この時は気が付いていませんでしたが、秒針がシルバーです。

長短剣はブラックなのに。

急いでブラックの秒針に付け替えて今夜無事に納品されました。

良かった、良かった。

 

セラコートを依頼されるお客様は殆どいらっしゃいませんが、カスタムの1つとして捉えるとオモシロイと思います!

こういった大胆なMODも大歓迎ですっ!

 

さてさてー、昨日までのクロノグラフも完成したし、

 

『次はドレをやろうカナー?』

 

と思って、溜まっている中から修理品を数点持って来ました。

 

んが、そちらは一旦保留に。

 

飛び込みの作業が舞い込みました。

 

 

スゴイ状態で持ち込まれましたが、これには理由があります。

 

他社さんでOHを済ませて、次の他社さんで続きの作業を依頼された時に問題が発覚したそうです。

で、その問題の解決だけ承ったと言うワケなんで、完成品では無いのです。

 

 

折れたダイアルの足の取付を、お客様ご自身が手配された業者さんで行ったそうですが、このダイアルが上手くムーブメントに取り付けできないらしいのです。

 

 

古いムーブメントですな。

オーバーホール済みなので、機械的な事は疑いません。

 

 

とりあえず、ムーブメントを取り出して確認からですねー。

 

 

ふむふむ。

確かにダイアルがムーブメントから浮いてますな。

このままケーシングしたら、ダイアルが損傷するでしょうね。

 

 

ダイアルの足を取付した際のハンダがボテッとしています。

コイツが邪魔しているんでしょうね。

 

つか、ハンダで付ける度胸がスゴイなー。

 

お客様的には、このダイアルの使用が大前提との事ですので、解決案を提示してカナリ大胆な方法の了承も得ました。

あと、お預かりした状態が上記の通りですので、作業中に起きるかも知れないトラブルの保証もできない事も確認済みです。

 

お客様には大胆な加工方法もお伝えしましたが、できるだけ最小限の加工で済ませたいのが本音です。

どうにもならなければ仕方ありませんが、あまり加工して作業痕を残す事はスマートとは言えませんので。

 

 

特殊なカッターを引っ張り出しました。

使うの久し振り。

 

一応、刃の部分を研ぎ直しました。

 

 

軸・・この場合はダイアルの足の太さに合わせて調整してから、余分なハンダを削り取ります。

あまり削りすぎると足が取れてしまうかもしれないので、何度もムーブメントに取付て確認しながら作業を進めます。

 

 

削った跡はコンナ感じです。

機械加工したみたいに自然な感じになりました。

 

 

勿論、2本ともに加工しました。

 

 

ビタッ!

 

これでムーブメントに密着する様になりました。

 

 

邪魔で外していたローターを組まないと・・・。

このローターって、ココから外すと組立が面倒なんだな・・・。

あはははは。

 

 

無事にケースに収まりました。

良かった。

オオゴトにならなくて。

 

明らかに加工した跡が残る作業だと、

 

『ナンダこりゃ?』

 

となる可能性が高いですし、

 

『誰がヤッタ?』

 

となりますから、恥ずかしいし。

 

安直な方法で逃げる事は簡単ですが、本来の姿になればソレが1番良い事ですモンね。

えがった、えがった。

 

今回のご依頼は、

 

・不意のトラブルの解決

・スムーズに本来の業者へ繋げる

 

上記を目的とした作業でしたので、早々に対応させて頂きました。

 

まー、こんな部分修理もヤッテマス。

 

なんか、今夜は他に書きたかった事があった気がしますが・・・

 

ま、イイか。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お気軽にどうぞー。

| ZENMAIWORKS | comments(2) | -
あまりセラコートのイメージがつかめないです。
ちなみにケースのみだといくらぐらいですか?
| mhs | 2017/12/02 12:15 AM |

セラコートのみの料金ですが、ケース一式で4万円です!
| ゼンマイワークス | 2017/12/02 12:18 AM |










1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ