ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< スペーサー。 | main | ハカマ屋さん。 >>
パチ君完成。

 

雨ですなぁー。

ここまで降るのは久し振りな気がします。

 

そんな3連休の最終日。

 

あ、新成人の皆様おめでとうございます。

そんな若い人は、このブログなんざ見ていないと思いますが。

 

 

雨のせいで、ゼンマイモトではないので調子に乗ってコーラです。

あ、寒く無かったと言う意味ですね。

最近、コーラとメロンソーダが好きです。

(だから?)

 

だらだらと出社して、昨日の続きです。

 

 

ズビシッ!

 

クロノグラフのセコンドの交換が作業項目に含まれていたのですが、ちょっとズレていたので取付直しました。

こうやって現実逃避をするワケですね。

 

ズビシッ!

 

ズビシッ!

(おい)

 

 

スペーサーはうまく機能したようで、クラウンも丁度良い位置に収まりました。

 

目分量だったケド。

スペーサーの厚みが厚かった場合には削り落としますが、足りなかったらどうしたんだろう・・・。

 

考えたくもないっ!

 

 

んで、やっぱり弊害が出ました。

ムーブメントを固定する『機留め座』が使えません。

 

そりゃ、0.5mmも裏蓋側にオフセットさせたしな。

 

 

この機留め座を薄い材料で作り直します。

形状も厚みも揃っていない事は気にしません。

気にしたところで、誰か代わりに作業してくれるワケじゃないし。

(卑屈になってる?)

 

 

0.3mmの鉄板を用意しました。

この材料は0.5mmもあって、パーツ製作に便利に使っています。

 

いやいや、パーツを作る作業が来ない事に超した事はナイのですが(汗)

 

 

適当にケガいたら、思いっ切りナナメに引いていたのでやり直しました。

あ、ヤル気が無いワケではないのです。

 

ただただ、面倒なだけです。

(こら)

 

 

焼きが入った鉄板なので、やっぱり糸鋸は使いたくないので、ダイヤモンドカッターで切りました。

焼きを戻すと言った行動に出ないのは、ただただ面倒な(以下略)

 

 

『機留めネジ』が通る穴を開けます。

 

穴を開ける順番は、テキトーです。

材料が大きなウチに開けた方が楽かもしれませんが、どうでもイイですね。はい。

同感です。

 

 

ちなみに、こうやって写真撮りました。

あはははは。

 

 

穴開け完了。

このまま使ってしまいたい衝動に駆られますが、一応ちゃんとやります。

ぐはぁ。

 

 

0.2mm厚まで削り落としました。

あ、成形もしました。

 

 

コレ以上薄くすると弱くなりそうなので、曲げて逃げます。

 

 

無事に機留め座が復活しましたよ。

と、思ったのも束の間。

 

ムーブが止まりました。

ムーブが止まりました。

 

機留めネジを締め混むと止まります。

 

原因として予想されるのは2つ。

 

1.『機留め座で固定される時にムーブメントがたわむ』

 

僅かな歪みでも歯車の軸の遊びが減少して、時計が止まる事があります。

ムーブメントを極限まで削り込んだスケルトンのムーブでは顕著ですね。

 

2.『機留め座が薄くなった分、ネジがダイアル側に飛び出る』

 

試しに機留めネジだけネジ込んでみました。

はい、止まります。

ダイアルを押し上げて、秒針とのクリアランスが無くなるのでしょう。

 

ネジの先端を削りました。

 

あ、今回の作業ではオーバーホールとかしていないので、ネジとか磨いていません。

受け付けた時のままです。

 

『ふえぇ、やっと終わったか。』

 

そんな気持ちを嘲笑うかのように、次のワナが待ち構えていました。

 

悪魔?悪魔なの?

 

 

巻芯が長過ぎて、クラウンがネジ込めません・・・。

以前のケースだと大丈夫だったみたいですが、今回はケースを交換しているので。

 

えぇー。

 

鬼?鬼なの?

 

 

手作り感が漂う巻芯。

仕方無いので加工しますよ。

どんだけ『カマってちゃん』なんでしょうか。

 

 

ネジの部分を増やすべく、旋盤にセットします。

せっかく旋盤を片付けたばっかりなのに。

 

あれ?スイッチ入れてもモーターが回らないっ!?

 

 

あ、コンセントに挿してなかった。

ヤル気がみなぎっているのが御理解いただけると思います。

 

ぷひー。

 

 

根元を削って、

 

 

新たにネジを切って、ネジの部分を延長しました。

 

 

クラウンも無事にネジ込めるようになって完成です。

 

 

今回の加工で外から見えてしまう唯一のスペーサーも気にならないレベルだと思います。

 

あー、スゴク面倒だった。

次から次へとトラップが待ち構えているので。

 

トラブルシューティングの宝庫かよっ!

 

教訓:『パチは受けてはイケナイ』

 

あはははは。

 

さ、帰ろ。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お気軽にお問合せ下さい。

| ZENMAIWORKS | comments(2) | -
お疲れ様です。集中が必要な作業時や集中力が切れそうな時は絶対コーラの赤ラベルに限ります。脳がグルコースを必要としていますので。
| すずき | 2018/01/09 12:11 PM |

え?そうなんですね!
グリコースと言うモノが何なのか分かっていませんが、コーラを飲む事にします!
| ゼンマイワークス | 2018/01/09 12:15 PM |










1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ