ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< パチ君完成。 | main | さよならパチ君。 >>
ハカマ屋さん。

 

昨日からの雨が今朝まで残りました。

 

天気予報では午後から晴れるとの事で、気温も都内で最高気温17℃だとかっ!

 

やっと夏が来たの?

(来ないよ?)

 

 

久し振りのアングルでRed Bull君。

 

あ、朝は路面がグチャグチャに濡れていたので、本日の出勤のお伴は130i君でした。

あと、ベスパ屋さんに年末から預かって頂いていたパーツの引取も兼ねて。

 

ゼンマイモトでは持ち帰れないチャンバーとか、チャンバーとか。

つまり、チャンバー。

 

 

今や、このタイプのメロンパンが王道なのでしょうか?

プレーンなタイプですね。

さくさくシットリ。

 

今朝の段階では来客予定は皆無だったのです。

 

皆無。

 

でも、時間を追う毎に来客の予約が埋まって行きました。

良かった、良かった。

 

ついに、お客様に見限られたかと思っちゃいました。

てへっ。

 

で、今日はハカマの製作です。

 

『また?!』

 

そう思われる方もいるでしょう。

 

ワタクシ自身が

 

『また?!』

 

そう言いたい、そんな気分です。

 

 

上が今迄使用されていた秒針で、下が交換したい秒針です。

ハカマの長さが全く違いますねー。

 

奥はGMT用で、手前がサブ用らしいです。

サブ用の秒針ではハカマの長さが短くて使えないので、GMTに合わせた長さで別作する依頼でした。

 

ハカマの製作をブログにアップするので、必要な方が検索した時にヒットしてしまうのでしょう。

 

『ハカマを作って貰えますか?』

 

そんなお問合せが増えて来たように思いますが、自分が悪いのですね。

しくしく。

 

先日なんてクロック用のハカマの製作のお問合せまで。

しかも200個〜300個とか・・・。

 

えぇ、全て自分が悪いのですね。

しくしく。

 

 

深い事は考えずに、純正のハカマをドリルで削って除去します。

 

 

除去しました。

 

 

ピボットゲージで針の穴の内径を測ります。

 

 

0.38mmでした。

流石にクロノグラフ用みたくは太くないですねー。

 

 

まずは材料に穴開けです。

 

ハナシはソレからだっ!

(どした?)

 

 

0.2mmのドリルで、ドリルの長さイッパイまで穴を開けました。

測っていないので深さは分かりません。

ドリルの長さイッパイmmです。

(おい)

 

どなたかドリルの作業だけアルバイトしてくれませんかねー。

ドリル代は自己負担で。

(えぇっ!)

単価は・・・120円くらい。

(缶コーヒー代?)

 

 

穴が開いたので、先端を針の穴に入る太さまで削ります。

あ、0.38mmでしたね。

コレは測っていました。

 

 

ハカマ本体を削ります。

 

 

切り取りました。

 

 

スタンバっている秒針と、今生まれたばかりのハカマ。

 

ブログに書いてしまうと、

 

『簡単そうだな』

 

そう思いますよねっ?!

 

確かに時間さえ掛ければ作れますよ。

でも、不器用さんなワタクシには大変な作業なんですよ。

しくしく。

 

 

あ、ベスパ屋さんで買ってきたエスプレッソ用のカップ&ソーサー。

ちゃんとピアジオ公認の製品です。

 

 

作業の途中ですが、エスプレッソで一服です。

 

会社のコーヒーメーカーはネスプレッソなのですが、エスプレッソ用のカップが無かったんですよ。

これで揃った。

うれしい。

ぐひひ。

 

 

さて、エスプレッソも飲んだので、針にハカマをカシメます。

 

 

カシメマシタ。

 

何度も紹介しているので、イイ加減飽きましたよね?

決して写真を撮り忘れていたとか、説明が面倒臭いとかではありまsえn(ゴニョゴニョ)

 

 

いつもの『鍔付き』です。

通常の秒針なのでクロノグラフの針の様には強力にカシメていません。

 

ハカマの交換が終わったところで、スタッフのベンチの上にソッと置いておきました。

 

作業が終わって安心したのも束の間。

昨日のパチ君に新たな問題が発生致しました。

 

パチ君の保護者(?)の方に御来店いただいて状況説明をしました。

 

ワタクシとしては、もう諦めてお引き取り頂くつもりで臨みましたが、説明している時に新たなアイデアを出してしまうテイタラク。

 

バカなの?

 

結果的には、引き続き出来る限りの作業を行う事に。

 

ぐふぅ。

 

パチ君のバカー!

(こら)

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、宜しくお願い申し上げます。

 

お仕事お待ちしてますっ!

| ZENMAIWORKS | comments(2) | -
素晴らしい出来!早速作業いただき、ありがとうございます。
しっかし、こうドアップで見ると、裏側は結構酸化してますな。しかも微妙に短いという(笑)。
| さとう | 2018/01/10 10:50 AM |

あとはスタッフが取付けて完成です!
そうですね、裏側は酸化していますね・・・。
| ゼンマイワークス | 2018/01/10 10:57 AM |










1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ