ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 予想通り。 | main | モバード終わり。 >>
調整完了。

 

どうも、どうも。

 

今日は夜からの雨って事でクルマでの出勤でしたし、雨のせいかハトは見掛けないし、買って来たメロムパンを食べるのを忘れていたし、既に朝なので急いでブログを書いて帰りますよ。

 

まだ月曜日だって言うのに。

 

モバードなのですが、前回はリセットハンマーの戻りが悪かった所で終わっていました。

 

 

今回のモバードはリセット周りのパーツも多いので、1つ1つ分解しながら調子の悪い部分を探します。

 

んで、1つのバネが上方に軽く反っていて、リセットハンマーと干渉していたので、曲げて修正しました。

 

たったコレだけなのですが、リセットハンマーが『ビチビチ』と戻るんですよ。

 

 

それと、リセット側のプッシャーが押すピンなのですが、

 

 

奥まで押し込まれると、ムーブメントと干渉していました。

 

これもリセットハンマーの戻りが悪い原因の一つですね。

 

と言うか、押し込まれたまま戻って来ません。

あはははは。

 

 

コチラは干渉する部分を削りました。

 

ピン自体は真円でもありませんし、太さも均一じゃないんですな。

 

これでリセットハンマーは気持ち良く戻る様になりました!

 

ヨカッタ。

ヨカッタ。

 

 

次は裏周りです。

 

あ、12時間の積算計周りですね。

 

 

初めて見るパターンです。

 

今一つ理解に苦しむ構造でした。

 

 

右側の大きな歯車が積算計の歯車なのですが、その左上から延びている規制バネは、普段は噛み合っていなくて、リセットした時だけ歯車と当たって位置決めをするみたいです。

 

このバネは当てる強さや位置を微調整できるのですが、リセットボタンを押し込んでいる時と、ボタンを戻した時に積算計が動かない様に調整が必要です。

 

エキセントリックで調整できる構造ではないので、ネジを緩めては少し動かして仮固定してテスト。

また緩めて動かしてテストを繰り返します・・・。

 

うひー。

 

 

外し方が分からなかったピニオンも圧入して、無事に積算計を駆動しています。

 

ふぅぅぅ。

 

一応、ムーブメントは全て組み終わりました!

 

後はケーシングしてテストですね。

 

台風が迫っているので帰りますね。

いや、迫っていなくても帰りますが。

 

時計修理のご相談や御用命はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

(おっさんムニムニ、さぁ!早く!)

 

まで、お気軽にお問合せ下さい。

 

余計な事を書かないと、ブログを書くのが早いな・・・。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ