ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< ベアリング崩壊。 | main | エル・プリメロ。 >>
振り石取れ。

 

さっき気が付いて、デスクの上のカレンダーを10月にしました。

 

まぁ、まだ2日なのでセーフですね。

(何が?)

 

 

久し振りのキツネ。

 

そろそろ交換したチャンバー(マフラー)の性能も確認できたので、またエンジンを労る走り方にしないと。

 

これがツライ。

(おい)

 

 

今朝は沢山のハトが落ちていました。

 

 

集団で地べたに伏せています。

 

どうした?

 

 

天気が良かったせいか、バイクが多かったです。

 

昔はタクサンンのバイクが走っているのが普通だったのですが、最近では配達とかの仕事のバイク以外は本当に少なくなったと思います。

 

まぁ、自分も通勤で乗っているので同じですかね。

 

いやいやいやいや。

 

いやいやいやいや。

 

 

相変わらず、和栗を攻めています。

 

『マロン』とか『栗』ってキーワードに弱い自分に驚きを隠せません。

 

あ、隠さなくてもイイのか。

 

今日も夜遅くになってから作業です。

 

しかーし、チョイ直しばかり。

 

 

テンプです。

 

古めのセイコー5のテンプです。

 

現行のセイコー5の場合には、お客様にはオーバーホールを勧めておりません。

だって、ムーブメント交換の方が圧倒的に安いんで。

 

勿論、希望があればオーバーホールや修理も承りますが、却って高くなるので・・・。

 

今回のムーブメントは古いので修理で承りました。

 

 

何かの呪いでしょうか?

また振り石が外れています。

 

前回のAPのトゥールビヨンに比べれば大きいですが、それでも進んでやりたい作業ではありませんよ?

 

 

とりあえず、アルコールのお風呂で身を清めて貰います。

 

あ、接着剤代わりの『シェラック』を溶かして除去しています。

 

 

カマボコ型の穴に、カマボコ型の振り石を入れるのですが、コレが中々に入りません。

何度ピンセットで飛ばしそうになったか・・・。

 

表側から入れるのは諦めて、裏側から貫通させる事にしましたが、それでも中々入りませんよ?

 

やっぱり、何かの呪いでしょうか?

 

 

数十分も格闘した末に、入り口だけ入った所で、一気に押し込みました。

 

 

入ってしまえば、再びシェラックで固定するだけです。

 

専用のヒーターの上に目打ち台を載せて、作業しています。

この写真は顕微鏡越しの写真ですので、とっても微妙な感じですね。

 

 

常温で冷やして、溶けたシェラックが固まるのを待ちます。

 

 

振り石を固定した『振りツバ』をテンプに圧入して戻します。

 

 

ふぅ。

 

やっと元に戻ったので、ソッと担当スタッフのベンチの上に置いておきました。

 

明日からは通常通りの修理ができそうな、やっぱりできなさそうな。

(どっち?)

 

ここのところ、真剣に早めに帰って寝る事を心掛けていますが、心掛けているワリには全然早くナイデス。

 

ささ、帰りましょう。そうしましょう。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

おっさんムニムニ、さぁ!早く!

(03−6262−3889)

 

まで、お気軽にお電話下さいませ!

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ