ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 開けるな危険。 | main | 組み終わらない。 >>
3連休終了。

 

東京地方は天候に恵まれた3連休でしたね。

 

・・・た、たしか。

 

 

土曜日は自宅ガレージのオーバースライダー(シャッター)の修理でした。

 

先月から調子が悪くて、手動で上げ下げして使ってました。

あはははは・・・全然便利じゃない。

 

日本に代理店が無いらしく、静岡から業者さんに来て頂きました。

 

 

15年位使っていたので、そろそろメンテナンスが必要な状態だったみたいです。

 

 

ギヤのシャフトがガッタガタでしたよ。

他にも色々なパーツが新しくなりました。

 

 

修理後は動作音が驚く程に静かになるし、これで再び快適に使う事ができます。

 

この日は朝方に帰って来たのですが、朝イチで業者さんが来たので3時間しか眠れませんでした。

 

ひー。

 

 

ですので、メロンクリームコロネを飲んでから昼寝ですよ。

 

ぐー、ぐー。

 

 

昨日は黄昏れるハトも見ました。

 

一緒に黄昏れたい。

 

 

そんな感じの3連休ですが、今日は出勤でした。

 

あ、曇っていますな。

 

 

エル・プリメロの続きです。

 

エルニドっぽいですよね。

(違う)

八重洲?

(違う)

 

 

洗浄したゼンマイを『開けるな危険』な香箱に戻します。

 

 

輪列を組んで行きます。

 

 

クロノグラフ用の出車を圧入。

 

この出車って圧入し過ぎると、下に位置するネジに当たって、その状態で歯車を回転させると

 

『カカカカカカカ』

 

って、音が出ます。

 

『カカカカカカカ』って。

 

あ、遊んでないで作業を続けます。

 

 

殆どのネジのアタマが丸いのですが、部分的に平らなネジもあるので磨いたりします。

 

 

エル・プリメロなんで精度は良いですな。

 

 

下部中央の数値が『36000』と出ていますが、これは振動数が36,000振動って事です。

 

つまり1秒間にテンプが左右に10回動くんですよ。

目で追ってたら酔って吐くレベルですよ?

 

先日のネズミなR社の時計は半分の18,000振動ですので、ちょうど倍の動きをします。

 

一般的に18,000振動のムーブメントの事を『ロービート』、28,800振動から上を『ハイビート』と呼びます。

 

他には19,800振動や21,600振動なんてのもあります。

もっと変則的な振動数もありますが。

 

今の時代だと28,800振動が多く、36,000振動を採用しているムーブメントは希な部類ですね。

 

振動数が高いと、精度が高まります。

18,000振動だと1秒を5回の動きで制御しているので、1回でも不調(外乱を含む)があると、20%の影響があります。

36,000振動だと10%なので、それだけでも大きな差が出ますよね。

 

昔のムーブメントだと、テンプを大きく質量を上げて外乱からの精度不良を最小限に抑えていましたが、振動数が上がる(速度も上がる)と外乱に強くなるので、テンプも小さくする事ができて、ムーブメント上のスペースにも余裕が出て来ました。

 

 

ま、闇雲に振動数を上げれば良いのかと言えば弊害もあって、パーツの耐久性が落ちる事でしょうか。

 

仮に18,000振動の時計だと24時間は86,400秒ですから、テンプは432,000回動きます。
それが36,000振動になると倍の864,000回も動くので、当然の様にオイルの消費も多くなります。

 

ROLEXのデイトナは今でこそ自社製のムーブメントを採用していますが、自動巻のクロノグラフに最初に搭載したのが改良したエル・プリメロだった事は有名ですね。

改良の主な部分は、36,000振動を28,800振動に落としていた事です。

耐久性を考慮しての配慮だと思いますが。

 

なので、ハイビートのムーブメントだと定期的なオーバーホールは欠かさない方が良いでしょうね。

 

ま、それ程ガタガタになったムーブメントはあまり見ませんが。

(どっちだよ)

 

強いゼンマイを使っているので、万が一ゼンマイが切れた時には、その衝撃で他の歯車の破損も激しそうではあります。

 

ま、ゼンマイが切れたムーブメントはあまり見ませんが。

(だから、どっちだよ)

 

強いゼンマイは、そのトルクを伝えていく輪列の軸の先端(ホゾ)への負担が大きいですし、カナと呼ぶ歯車の摩耗も大きいです。

 

精度と耐久性のバランスって難しいですねー。

 

睡眠と勤務時間のバランス並み。

(おい)

 

さて、今週は1日短いですので明日から大変だー。

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

おっさんムニムニ、さぁ!早く!

(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ