ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< でんでん虫。 | main | そう来たか。 >>
ネジ磨きマン。

 

勤労感謝の日

 

勤労感謝の日

 

あ、『勤労感謝の日』って働いている人を労う日じゃないですよねー。

 

詳しくはググってね!

(人任せ)

 

 

雨の日に活躍する・・いや、それ以外で活躍しないとも言っても過言ではない傘号です。

久し振りに洗車して貰いました。

 

傘代わりなのに250km/h出る必要はナイ気もしなくもナイ。

いくらバカでも雨の日に250km/hとか出しませんよ?

リミッターを外したら何キロ出るのか興味がありますね。

(危ないよ?)

 

祝日でしたが、ネジを磨く為に出勤していました。

 

ネジを磨く為だけに。

 

ネジを磨く為だけに。

 

 

受けネジと愉快な仲間達です。

 

いや、全然愉快じゃないですが。

 

 

今回のネジは首が長い『首長族』なので、

 

『全部トリポッドで磨くの面倒だなー』

 

と思っていたのですが、ピンセットで磨けそうなのでラッキーでした。

 

嬉しかったので、ネジを磨いている風の写真を撮ろうと思ったら、

 

 

こんな風になりました。

 

あはははは。

 

さ、遊んでいないで真面目に磨きましょうか。

(オマエがな)

 

 

受けネジ君1号です。

 

あ、別に2号3号と続きませんのでご安心ください。

 

 

ドライバーが入る溝の角が痛んでいるので、まずは角の面取りです。

 

あ、iPhoneで撮影すれば良い事に気が付いたので、リアルな写真が撮れました(笑)

iPhone便利ですなー。

(今さら?)

 

ワタクシは超硬の棒の角に押し当てながら研ぎ出しています。

 

勿論、やり方は人それぞれでございます。

正解なんて多分ナイです。

 

以下を含めて、ほんの一例でございます。

 

 

分かり難いと思いますが、面取りをしました。

 

つか、本当に分かりづらい写真だな。

 

かなりバリが出る事がありますので、バリはディグジット(ルビー砥石)等で削り取っておきましょうね。

 

ディグジットは高価なのですが、一般的な流通価格よりは遙かに安価に購入できる海外のショップがあったので、ご入り用の方は問合せフォームからご相談下さいませ。

 

 

お次は面出しですね。

鰹出汁や昆布出汁の仲間です。

 

ウソです。

 

ワタクシはジャーマンシルバーの板を使っていますが、真鍮でオーケーです。

 

この時点で大きな傷や錆を削りつつ、平面を出します。

 

 

見た目はアレですが、傷が取れて面が出ている状態です。

 

表面が白っぽいのは細かな磨き傷がアルカラー。

(なんでカタカナにした?)

 

 

あ、順番が前後しましたが工程ごとにベンジンで洗浄しています。

 

汚れやダイヤモンドペーストを次の工程に持っていかない為ですね。

 

粒度の違う(大きな)ダイヤモンドペーストが混じったら、仕上げの時に傷が付きますから。

磨いても磨いても傷が付くと言う、傷地獄に落ちますよ?

 

 

あ、ジャーマンシルバーで使っていたのと同じ#1のダイヤモンドペーストです。

 

皆さんにお買い上げ頂いたダイヤモンドペーストはグレーですが、ロットによって色が違うだけですので同じ物です。

 

亜鉛ブロックの上で同様に磨いて行きます。

 

いつも間にか、時計師の方向けに話しが進んでいる風味。

 

おこがまし過ぎて、決してそんなつもりはございません。

一般の方の中にも、技術的な話しが好きな方もいらっしゃるので。

 

 

同じ番手のダイヤモンドペーストですが、ベースの金属が変わると、仕上がりも全然違くなります。

 

 

またまた洗浄します。

 

ダイヤモンドペーストは下に沈殿しますので上澄みで。

 

あと、何度も洗浄していると当然ベンジンも汚れて来ますので、気分によって入れ替えてマス。

 

あ、気分は関係ありませんでした。

 

 

今度は仕上げなので#1/2のダイヤモンドペーストです。

 

表面が平滑になるにつれて、粘る様な感触になって来ます。

 

傾けて研いでしまったりして、新たに面が出来てしまうとジャーマンシルバーからヤリ直しですので、慎重に落ち着いて磨きます。

 

結構、メンタルが大事。

 

 

傷が無くなった事がお分かり頂けるかと。

 

更に上を目指す方は#1/4のダイヤモンドペーストにお進み下さい。

 

 

写真が良くないですが、表面は完全に近い鏡面になっています。

 

『完全に近い』ってナンダ?

 

 

オシドリネジだけは本当に『首長族』でした。

 

『首長族』はマジで迷惑。

(こら)

 

 

仕方ないのでトリポッドの出番です。

 

今回はポケットウォッチのネジなので、長さが相当に長い事もあり、トリポッドの脚となるネジも長いモノに入れ替えて使います。

 

 

通常のネジと同様の工程を経て・・・

 

 

経て・・・・

 

 

磨けました。

 

あ、トリポッドの脚の下がベチャベチャなのはグリスを塗っているからです。

脚の摩耗と抵抗を減らすのが目的です。

 

 

トリポッドを作るまでは『首長族』が上手く磨けなかったので、面倒とは言え助かります。

 

 

磨き終わった受けネジと愉快な仲間達。

 

他のパーツと共に洗浄まで終わりましたので、次回から組立に入れます。

 

こう言った準備的な作業は休日にやるに限りますね!

 

休日って何でしたっけ?

 

 

やり切った表情のハト先生。

 

いや、いつも同じ表情ですが。

 

昨日、スタッフが言っていたのですが、

 

『Apple Watchが便利で手放せません』

 

確かに便利ですケド。

 

普段、機械式の時計をバリバリと直している時計師がApple Watchってどうなの?

 

もっとこう、ゴリゴリの機械式時計とか使わないの?

 

そう思いながら、視線を落とした先の私の左手首にもApple Watchがキラリと。

(おい)

 

唯一の不満と言えば、寝ている時は充電時間なので外さないとイケナイ事デス。

 

えぇ、寝てる時だって時計してますよ?

(異論は認めません)

 

全然、時計なんて好きじゃないですが。

 

あ、右手にApple Watchを着けて、左手に普通の時計をすればイイのか。

 

時計なんて好きじゃないですが。

 

時計修理のご相談・ご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

 

なお、土・日・祝日は定休日となりますので御注意下さい。

| ZENMAIWORKS | comments(2) | -
JLのレベルソが欲しいのですが
多分そんなに欲しくないので
Apple Watchの壁紙で何とか出来ますか?
ボタン一つでひっくり返って何もないやつも(笑)
| かずちん | 2018/11/24 5:19 PM |

うえぇぇぇ。
| ゼンマイワークス | 2018/11/24 5:29 PM |










     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

このページの先頭へ