ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< ネジ男。 | main | ハト。 >>
永遠のネジ。

 

寒いです。

 

朝から晩までかき氷を食べていた、あの夏の日が懐かしいです。

 

いや、食べてませんが。

 

 

京葉道路で事故があったみたいです。

 

消防車まで出動していましたね。

 

そう言えば、昨夜の帰りも京葉道路で事故がありました。

 

 

かと思えば、セブンイレブンのトラックが後ろの扉を開けっ放しな首都高だったり。

 

荷物落としたら怒られないんでしょうか?

 

 

今度は首都高で事故ありました。

 

年末は事故が多い様に思います。

気を付けていても『絶対』はないのですが、普段以上に気を付けようと思います。

 

え?普段ってどんなだっけ?

(おい)

 

 

ハトいましたー。

 

よしよし。

 

 

コロネ・・・縮んだ?

 

そう見えるだけ??

 

ごくごく。

 

 

昨日作っていたネジですが、やはり気になったので削って修正しました。

 

 

これでバッチリなハズ。

 

たぶん。

おそらく。

 

・・・だとイイナ。

(おい)

 

 

バルバルバルジューに戻って来ました。

 

 

作業を中断していたのは、リセットハンマーのリターンスプリングの留めネジが低かったんデスヨ。

 

水を与えたり、日光に当ててもニョキニョキ育つ事がない事は何となく理解しています。

(何となくなの?)

 

本当は育つ?

 

 

んで、このネジが低いと、リセットハンマーが戻りすぎて、カウンターのランナーが回って来た時に、リセットハンマーにハートカムが接触して止まっちゃうんですねー。

 

 

オーナーから、本来の長さのネジが届きました。

 

ちゃんとリセットハンマーのストッパーになっていますね。

 

 

お疲れだったネジは磨いてキレイにしておきました。

 

 

こっちのネジなら、リセットハンマーとハートカムとのクリアランスもバッチリです。

 

これでクロノグラフを動かしても止まらなくなりました。

 

ヨカッタ、ヨカッタ。

 

と思ったのですが、ベンチの上に小さなネジのアタマが転がっていました。

 

いや、ワタクシのアタマではございません。

 

『なんのネジ?』

 

『最近の工作の時に転がり出て来たの?』

 

そう思いながらも、一応ムーブメントをチェックすると、折れてイヤガリマシタ。

(こら)

 

本当に小さなネジなので、どうやって折れ込んだネジを抜こうかと思いながら、とりあえずタバコを吸いながら現実逃避していました。

 

『よし。ネジを抜いたら帰ってイイ事にしよう』

 

そんなルールを勝手に作って取り掛かりました。

 

 

超硬で左回りで切れる刃物を作りましたが、何度も何度も歯先が欠けて・・・。

 

研いで研いで、研ぎまくって、やっとネジが抜けました。

 

ヨカッター。

 

明日は合うネジを用意しましょうかね。

 

そんな、ネジに振り回されている日々でございます。

 

明日は午後一番から外出しておりますので、夕方まで電話等々が繋がりにくいと思いますが、

 

時計修理のご相談・ご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませー。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ