ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 出ない。 | main | 折れネジ抜き。 >>
Greco Geneve。

 

昨日の雨と強風で桜もだいぶ散っちゃいましたね。

 

んで、寒いデス。

 

来週に期待!

 

サ ム イ ノ キ ラ イ 。

 

 

朝イチでガソリンスタンドへ。

 

いつも世話をしてくれる心優しいバイク少年に修理品を届けに行っただけなんですが。

 

 

はぁぁぁぁ、良い天気ですなー。

 

 

ちょっとテンションも上がります。

 

 

実際には強風で、あまり楽しくは無かったのですが、クルマだとソレすら意識しないですから。

 

何も感じずに生きるよりは、ずっとイイですヨ。

 

 

ハトいました。

 

ぽっぽー。

 

仕事をしていると窓の向こうにスズメの気配がしても、どうせ見ることはできないのが悔しいです。

 

うぐぅ。

 

 

『新種のメロムパンか?!』

 

そう思ったら『もちっと食感の いよかんパン』でした。

 

いよかんパンって、ある意味新しいですね。

 

うーん、もっと味わって食べればヨカッタ。

 

今日はお電話でのお問合せや、来客が多かったですね?

(知らん)

 

 

作業自体は昨日バラしていたエポスを更に分解して、見積もりを出した位です。

 

先週からミーティングを行っていた件ですが、色々と予定外の進展があり、外枠も固まったので軽くご報告をしましょうかね。

 

 

右側の人は『Greco Geneve』と言う時計ブランドのCEOであるStephane Greco(以下、ステファン)です。

 

左側のオッサンは無視して下さって結構です。

 

 

聞き慣れないブランドだと思います。

えぇ、ワタクシも数年前に初めて知りました。

 

つか、元々が時計に興味が無いから全く詳しくないのですが。

 

スミマセン。

スミマセン。

 

ステファンはジュネーブの多くのビックブランドが集まっている地区にファクトリーを持つ、特殊なメッキやムーブメントの仕上げ作業を行うサプライヤーとして『Rhodior』と言う会社を経営しており、皆さんが知っているブランドばかりを含めた約100社をクライアントに持っているとの事でした。

 

やるな。
ステファン。

 

その『Rhodior』が約5年前にリリースした時計ブランドが『Greco Geneve』となりますデス。

 

ステファンと実際に会ったのは昨年ですが、共通の知人が数人いて話しが盛り上がった事や、最初からフザケあっていたので、何となく意気投合した感じでしょうか。

 

いや、そう思っているのはワタクシだけでしょうか?

 

しくしく。

 

 

ブランドのアイコン的なモデルである『LES TEMPS MODERNES』。

 

フランス語だとワケわかんない感じですが、英語だと『MODERN TIMES』で、チャップリンの代表作の1つである『モダン・タイムス』の事だそうです。

 

マジかー。

 

良く話しを聞いていなかった事もあって、てっきり

 

『ハイハイ、アリガチなクルマとかのモチーフね』

 

とか思っていました。

 

ステファンごめんよー。

 

長短針のスパナの形状も『モダン・タイムス』の中で、チャップリンが両手に大きなスパナを持って巨大な機械を直していたアレです。

 

ステファン、チャップリンが好きなの?

(未確認)

 

 

コチラは『スチームパンク』なイメージでデザインされたダイアルと、『クルード・パリ』加工をされたケースを持ったモデルです。

 

このブランドの特徴の1つに、独自の科学的な手法があります。

 

 

UVライトを当てると発光する仕様なんですよね。

 

ルミノバではなく、あくまでブラックライトなどのUVライトに反応して光るんです。

 

自然光と紫外線で全く違う表情を見せる意外性が面白いデス。

 

紙幣やクレジットカードに偽造防止に使われている塗料と同じ仕組みみたいです。

 

つか、クラブにでも行かないと日常的にブラックライトがあるパリピは少ないと思うよ?

 

うんうん。

 

 

この一見、『うぺぇ』と思ってしまうデザインの時計ですが、実際に着用してみると形状も厚みも大きさも意外と気になりません。

 

ケースの材質がチタンと言う事で見た目ほどの重量はありません、更にDLCでブラックアウトしているので・・・不思議と物足りないくらい?

 

え?ワタクシだけ?

 

アタマオカシイ?

 

ケースはステンレス製もありますし、ダイアルやUVで光る部分の色やパターンもカスタムメイドで選ぶ事もできるとの事でした。

 

勿論もっと一般的なモデルとか、メテオライト(隕石)をケースに使用した更に一般的ではないモデル等もあります。

 

紹介しきれないので、詳しくはWebへ!

(なつかしっ!)

 

スイスでの小売り価格とかも出てマス。

 

んで、弊社が『Greco Geneve』の日本総代理店となりました。

 

うぺぇ?

 

全然、そんなつもりじゃ無かったんデスガ。

 

確か、ステファンは桜を見に春に来たハズじゃ?

 

まあ、マッタリとやって行こうとオモイマス。

 

とりあえず、興味がある方はサンプルが弊社にございますので、お気軽にお声掛け下さいませー。

 

時計修理や『Greco Geneve』に関するお問合せはゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいー。

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ