ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< Greco Geneve。 | main | HDD。 >>
折れネジ抜き。

 

あっと言う間に週末になってしまいました。

 

なんで?

 

 

さー、今日も張り切って会社行きますかー!

 

 

ん?傘?

 

やっぱり、雨降ってる?

 

気のせいじゃ無かった?

 

 

はぁぁぁ。

 

昨日、同じ場所で撮った写真とは随分違いますなぁ。

 

 

ありゃ、本格的に降って来た・・・。

 

都内に入ったら止みましたが。

 

いや、ワタクシは病んでないデスヨ?

 

 

13番の金曜日。

 

べ、別に不吉なんかじゃナイんだからねっ!

 

 

2ハト。

 

 

メロムパン。

 

なんか雑過ぎ。

 

今日は、昨日以上に来客が多かったデス。

 

そして初めて『ハト先生トートバッグ』略して『ハグ』を、OH依頼のお客様から受け取り拒否されました。

 

がーん。

 

作業自体は大した事していません。

 

えぇ、通常通りです。

 

書いてて視界が霞んで来ました。

 

あれ、なんで目が濡れているんだろう・・・。

 

いやいや、大した事はしていませんが、苦戦しましたよ。

 

 

スタッフからのヘルプで、折れネジ抜きです。

 

折れネジ抜きは方法がいくつかあります。

 

今回はベーシックな方法で、ネジの中心にドリルで穴を開け、開いた穴にリーマーを打ち込んで回して抜く方法を選択しました。

 

他には、

 

・外径より大きな刃物を作ってネジを回す

・ネジの周囲を削ってネジを露出させて直接回す

・打ち抜く

・念じる

・拝み倒す

 

など、様々な方法がありますが、なるべくネジ以外にダメージを残さない方法から始めます。

 

あ、念じたり拝み倒して抜く方法は、相当の修行が必要となる為、お勧め出来ません。

(やらんて)

 

 

念の為に数種類のドリルを用意しました。

 

 

準備が整ったら、ラーメンを食べます。

 

外人が来ていたせいか、久しぶりな気がします。

 

辛子高菜もあった方がベターでしょう。

 

いや!マストだと声を大にして言いたい!

(言ってるよね?)

 

さて、満腹になったら会社に戻って、折れネジ抜きを再開します。

 

最初の難関は、ネジのセンターにドリルを当てる為に、ガイドのポンチを入れる事でしょう。

 

ここは専門的なコツは何もありません。

 

なるべく鋭利に研いだポンチで、正確にセンターを狙うだけです。

 

この時に『インパラを狙うチーター』をイメージすると良いかもしれません。

 

ちなみに、チーターの狩りの成功率は高くないらしいです。

 

ダメじゃん。

 

いずれにしても、ネジ自体が細い事は事実ですので、注意深く行う必要がアリマス。

 

 

センターが出たらドリルで穴を開けますが、ネジには焼きが入っている場合が殆どで、硬い分だけドリルも傷みやすいので、できれば超硬のドリルを用意した方がラクだと思います。

 

但し、開ける穴が細い=使うドリルも細いので、脆い超硬ドリルは特に折らない様に慎重に穴を開けます。

 

ピンバイスを使って手作業で穴を開ける事になると思いますので、垂直にドリルを押し付ける事を意識しないと途中で大変な事になりますね。

 

穴を開けている途中でドリルが中で折れ込んだら、それこそハトの背中に飛び乗って誰もいない孤島に行きたくなりますよ?

 

ドリルですが、市販のドリルでも良いと思いますし、ワタクシは超硬の丸棒を削って先端に刃を付けたドリルを使っています。

 

貫通しているネジならば、正回転で穴を開けている途中でネジが回ってくれる事もありますので、貫通していないネジの場合には左回しで切れる様に刃を研いでおき、同様にドリルが折れたネジに食い込んで回って来てくれる事を期待しています。

 

 

こちらが抜けたネジになります。

 

キレイな姿で抜けましたが、くっ付けて使ったりしませんよ?

ちゃんと他のネジを用意しますから。

 

さて、ネジも抜けたので帰りますねー。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さい。

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

このページの先頭へ