ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 渋谷とか。 | main | 高価パーツ。 >>
ケース補修。

 

日曜日でした。

 

つまり、明日は月曜日。

 

明後日は、火曜日。

 

で?

 

 

あまり晴天ではなかったですが、気温は高めでしたねー。

 

虫はいましたケド。

 

 

ハト!

 

 

毛!

 

3ヶ月ぶりに美容院へ。

 

年4回の散髪のうちの1回です。

 

実家の犬のトリミングの方が多い。

 

 

担当の美容師さんのサプライズで、初代IBREWの元店長の淳ちゃんと隣同士でした。

 

二人同時に作業するとか流石です。

 

あ、IBREWとは弊社の入っているビルの1階にあるクラフトビール屋さんです。

酒が飲めないワタクシは、初代の頃に毎日ランチで通っていました。

 

その頃はメロムパンじゃなかった。

 

 

美容院から会社は徒歩2分位ですので、戻って来て作業ですよー。

 

微調整を繰り返していました。

 

機械式の時計だと『姿勢差』と言って、時計の位置によって精度にバラ付きがあるのが普通なんです。

 

大まかに分けると、ダイアルが上の時と下の時、クラウンが上・下・右・左の6姿勢でチェックして調整していくのです。

 

アンクルと振り座・ヒゲゼンマイのコンディション・ヒゲピンの間隔・テンプのバランス等々、姿勢差に絡む要因は多岐に渡ります。

 

要所要所をクリアしたら、最後の最後でムーブメントを動かしながら動的にバランスを取ります。

 

経験を活かして姿勢差を詰めていく作業は、時計師ならではの醍醐味かもしれませんね。

 

スンゴイ面倒ですケドー!

 

 

ケースに錆が見られますので、こちらも作業しなくては。

 

 

バラして錆を取って洗浄したのは良いのですが、困った事に気が付きました。

 

クロノグラフのプッシャーのネジを回しても、プッシャーが取れない。

 

なんで?

 

オジサンを拒否してる?

 

 

どうにか外してみると、ネジが潰れた上に、更に接着してありました・・・。

 

うえぇぇぇ?

 

 

プッシャーのボタン側の穴も歪んでいますな。

 

一体、何が起きたんでしょうね。

 

さて、どうしようカナ・・・。

 

 

とりあえず、今夜こそ暗いうちにカエリマス。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話お待ちしておりますデス。

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜 5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ