ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< ケース補修。 | main | 針取付。 >>
高価パーツ。

 

新たな週の始まりです。

 

ただの月曜日ですが。

 

こうして意識していないと、曜日の感覚が無くなるんですよ。

 

マジで。

 

 

気温が高かったですねー。

 

夏はスグソコっ!?

 

え?まだ!?

 

 

ウミネコかカモメか分かりませんが、気持ち良さそうに飛んでいました。

 

いくらRed Bullを飲んでも未だにツバサの生えないオッサンとしては、指をくわえて見上げるだけです。

 

いや、ヘルメットがあるので指をくわえる事すら出来ませんでした。

 

 

ラブラブなハトいました。

 

 

『栗のデニッシュ』いました。

 

ごくごく。

(噛めよ)

 

週明けですので、事務処理に忙殺されていました。

あ、来客も多かったですー。

 

明日までに処理しないとイケナイ事務処理も終わっていません。

 

どうすっかな。

 

明日、やりましょう。

そうしましょう。

 

 

ソンナコンナで作業は全くできていません。

 

昨日、破損に気が付いたプッシャーですが、解決する手段を考えています。

 

あ、修理する事は考えていません。

不毛なんで。

 

一番簡単で安価なのは、社外品のプッシャーへの交換でしょうねー。

 

または、社外品の一部を利用して、使える部分は現状の純正品と混ぜて使う。

 

コレは既に手配は完了していて、海外からの到着を待っています。

 

出来の善し悪しは現物を確認しないと分かりませんが、経験上は問題無いと思います。

 

ただ、純正パーツで揃える事に拘るとすると、一気に値段が10倍以上になるんですよね。

 

中古品でもウソみたいに高いです。

 

しかも、中古品だと純正品なのか社外品なのか判断に困りますな。

 

プッシャーに限らず、純正パーツは世の中に出回っているパーツを世界中で消費するのみで、新たに作られるワケではないので、どんどん値段が吊り上がっています。

 

純正の針が1本10万円とか聞いても全く驚かないですね。

 

供給<需要のバランスが変わらない限り、価格が下落する事は無さそうな・・・。

 

ソコを利用して、本物だと偽ってパーツを売る人もいるみたいで、収拾が付きません。

 

時計本体の価格も冗談のように高騰しているので、当然ながらパーツの価格も同様に高騰し続けるでしょう。

 

投機目的ではなく、古くからのオーナーの人達は本当に大変です。

 

うーん、こうなると購入できる事がゴールではなくて、その後も出費も覚悟が必要なんですね。

 

あ、クルマとかバイクも同じか!

 

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいー。

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜 5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ