ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< ワンタッチバネ棒加工。 | main | 諸々。 >>
150。

 

眠いデスネー。

 

適当に書いて逃げ帰りたいと存じます。

(こらー)

 

 

雨でした。

 

ドコにもピントが合っていないのは、きっと雨のせいでカメラもヤル気が無かったのだと思われます。

 

 

同じくヤル気を感じさせないハト男でございます。

 

 

本物のハトが見付からないと思っていたら、八重洲のエルニドで見付けました。

 

雨が強くなったら、何処かに避難できるのでしょうか。

 

とても心配です。

 

 

初めての『卵と発酵バターの コーヒーロール』です。

 

シナモンロールのコーヒー版でしょうか?

 

今日もタクサンのお客様に来店頂いたので、隙を見て丸飲みしたせいか、全く味の記憶がございません。

 

チクショー!

 

 

んあ?

 

前にOHしたジラール・ペルゴですな。

 

ぺるごー。

 

 

とりあえず、週に一度まで許可されている油そばを食べました。

 

油そばは久しぶりです。

 

満腹になりました。

 

眠たいのは、満腹だから?

 

それとも五月病だから?

 

あれ?少し早い?

 

 

戻って来て、ムーブメントを外しました。

 

いや、今回はムーブメントは関係ございません。

 

作業の邪魔なので取り出しただけです。

 

 

作業が終わって、随分前に返してあったのですが、その後で他所で追加作業を行ったとの事でした。

 

その作業の時にタキメーターにアクシデントがあったみたいです。

 

 

戻って来た時計を見ると、『150』の数字付近が痛々しい事になっていました。

 

何か、ベースの塗装も溶けてる?今にも剥がれそうに見えマス。

 

今回は、その『150』の数字の補修依頼でした。

 

うえぇぇぇ?

 

ソレは・・・時計師の仕事じゃない気がするケドー!

 

かといって、何処に出したら修正してくれるのかは分からないケドー!

 

何より、眠たいんだケドー!

(関係ナイ)

 

 

非常に残念ですが、ワタクシは魔法とか超能力の類は使えないのですよ。

 

あ、知っていました?

 

しくしく。

 

 

数字の、すでに若干修正されていた部分を除去するのは危険ですので、タミヤカラーで塗り潰しました。

 

要は消えればイイのですよ。

 

『あぁ、過去の恥も塗り潰せれば良いのに』

 

思わず、そんな事がアタマを過ぎってしまった方も多い事でしょう。

 

タミヤカラーを貸しましょうか?

 

 

爪楊枝の先端を細く削った棒で『150』の下半分を描きました。

 

えぇ、想像上のフォントで。

 

こんなんで良いのかは分かりません。

 

でも、小さいし線は細いし、手描きだと限界がありますなー。

 

 

コレ位離せば、ほら自然!

 

更に!オーナーが老眼なら完璧です!

 

過去にポケットウォッチの数字の一部を描いたり、クロノグラフのインデックスを描いたりもしましたが、こう言った作業って本来は何屋さんの仕事なんでしょうかねー?

 

あぁ、睡魔が耳元で『寝ろ』と囁くのでカエリマス。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませー!

 

↓↓↓以下定型文↓↓↓

 

通常では土・日・祝日が定休日となりますが、今年はゴールデンウィーク中の4/29(月)〜 5/3(金)の5日間は営業致します。

平日の来店が難しかったお客様は、是非この機会にご利用下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

このページの先頭へ