ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< デイトナ完成。 | main | 病。 >>
予定と違う。

 

あぁ、もう金曜日でしたね。

 

嬉しいんだか、迷惑なんだか。

 

 

家庭内代車のWR250Xで出勤です。

 

凄く久しぶりにノリマシタ。

 

ギアチェンジで左グリップを回してしまいそうになるのは致し方ない事でしょう。

 

 

ガレージ保管なので汚れるワケもなく、ひたすら観賞用になり果てています。

 

あはははは。

 

 

ハトいました。

 

良く見ると、首が2つある!

 

いや、2羽のハトでした。

 

 

これまた久しぶりな『メロンクリームサンド』です。

 

いや、もしかしたら初めてなのか?

 

過去のブログをググったら『ちぎれるメロンクリームサンド』ってのが出て来ましたが、コレは本当に新発売だったのかもしれません。

(ムダに疑い深い)

 

今日は来客やらお問合せが多かったですぅー。

 

ですので、作業らしい事は殆どできませんでした。

 

 

コレはIllinois(イリノイ)のムーブメントです。

 

スタッフのヘルプだったのですが、結構凝った作りなんですなー。

 

受け石の作りとか、巻上げヒゲだったり、受けの仕上げもペルラージュですね。

 

テンプに『ミーンタイム・スクリュー』と呼ばれる歩度調整用のネジまで付いていました。

 

 

最初は不調の意味が分からなくて、時間をムダにしましたよ・・・。

 

今は普通に動く様になりましたケド。

 

 

以前、『モーターヘッド』誌で一緒に連載していた自動車ジャーナリストの『山田 弘樹(やまだ こうき)』さんが、ファミマのメロムパンをコンプリートセットで持って来てくれました。

 

あはははは。

 

 

そうだ。

 

最近、チプカシこと『カシオ スタンダード』の液晶の見た目を変えたりしてましたが、スタッフが

 

『早くG-SHOCKもやってみて下さいよー』

 

と言うので、

 

『裏蓋を開けるのすら面倒』

 

と答えたら、チャッチャと開けて持って来ました・・・。

 

 

渋々、ムーブメントだかモジュールだかを取り出します。

 

 

チプカシと、基本的には変わらなそうデス。

 

 

カッターの刃を差し込み、もう後には戻れません。

 

ひー。

 

 

今回はスモークの偏向シートを使います。

 

目指すのは単純な反転液晶です。

 

つまり、黒地に白文字になれば成功です。

 

しかーし!

 

全く黒地になりませんよ?

 

なんで?

 

 

別のG-SHOCKの液晶を見ながら、

 

『コレを剥がしたら黒地になる?』

 

そんな良からぬ事がアタマに浮かびます。

 

しかし、思った時には既にブレスレットを外している自分が恐ろしいデス。

 

ヤル気マンマンなの?

 

 

良く見ると、真っ黒ではなくて濃い紺色なんですなー。

 

 

ありゃ。

 

並べると、モジュールの大きさも違うんですね。

 

そっくり入れ替える事も出来ないとは・・・。

 

 

結局、パープルにして組みましたよ。

 

コレはコレでイイかもしれません。

 

全然、予定とは違っちゃいましたケド。

 

奥が深いなー。

 

液晶の見た目の色を変えるのは、比較的リスクも難易度も低いので面白いデスネ。

 

工作好きの方にはイイかもしれませんねー。

 

さ、寝ますねー。

(いきなり?)

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

 

なお、土・日・祝日は定休日となりますので、お問合せは月曜日以降にお願い致します。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ