ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 病。 | main | 削り始め。 >>
日曜日の戯れ。

 

すっかり、日曜日です。

 

なにが『すっかり』なのかは書いている本人も知りません。

 

 

ガソリンを入れにGSへ。

 

自身もバイクに乗っている店員さんが、シャガミ込んで観察中(笑)

 

 

快適に走行中ぅぅぅ。

 

いや、お尻痛い。

 

降りても暫く痛い。

 

 

意外とクリームが美味しい『たっぷり! ホイップメロンパン』でございます。

 

食事と言うよりはオヤツなのかもしれません。

 

さて、今日はカボスエポスの続きの作業をしに来ていました。

 

 

ま、ネジ磨きなんですケドー。

 

全然、気乗りしないんですケドー。

 

 

チマチマチマチマ。

チマチマチマチマ。

チマチマチマチマ。

チマチマチマチマ。

 

 

コレで全て磨き終えたハズです。

 

数は少ないのですが、大きなネジは粗が目立つので神経を使います。

 

正直、面倒臭い。

 

 

裏周りよりも輪列を先に組んだ理由がこちら。

 

オシドリやコハゼのバネを組むのに、輪列受けを組んでいないと面倒なんです。

 

 

銀色のオシドリバネを組みます。

 

続いて、銅色のコハゼバネを組みます。

 

 

バネの端が、輪列受けに引っ掛かる様にできているので、輪列受けを先に組む必要があったんですよ。

 

先にバネを組むと、地板に輪列受けを載せてもバネに押されて浮いちゃうし、そうなると微妙な感覚が分からなくなって、輪列のホゾを折るかもしれないじゃないですかー。

 

何せ、1つの輪列受けで5個の歯車を一気に固定しないとイケナイので。

 

 

中央に見えるブッタイがコハゼです。

 

押すと裏から支えているバネでピコピコと引っ込みます。

 

 

ココで、WRを飛ばして出掛けました。

 

今夜は何かを食べて帰るつもりでいたのですが、テレパシーが通じたのでしょう。

 

時計師仲間でもある『ヒラノウォッチ リペアサービス』の平野さんから、

 

『居るから帰りによればー?』

 

と声を掛けてくれたのですが、どう考えてもワタクシの帰る時間までは居ないでしょうし、そもそも店が閉まっちゃいますって。

 

 

あ、歩道は走っていません。

 

昔、歩道走行で切符を切られたんで。

 

 

到着したのは錦糸町の『よかろうもん』。

 

ラーメン屋さんですね。

 

会社からバイクで10分位でした。

 

 

ラムネとG-SHOCK。

 

 

昨夜に引き続き、豚骨ラーメンでした。

 

 

またまたWRを飛ばして会社に帰ります。

 

バイク便利。

 

 

ゼンマイのアタッチメントのスポット溶接が外れているのを、どうにかせねば。

 

普通はゼンマイ交換ですが、今回は特殊すぎて入手困難なゼンマイなので。

 

 

センターポンチで位置決め用の印しを打ちます。

 

 

ゼンマイ本体とアタッチメントにドリルで穴を開けました。

 

実際に繋ぐのは明日以降ですねー。

 

さ、帰ります。

 

そいや、昨日・今日とハトを見ませんでしたが、彼らも週休2日なのでしょうか?

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ