ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< オシドリ加工。 | main | 亀。 >>
完了。

 

何だか木曜日な雰囲気の水曜日でした。

 

先の事ばかり考えていると、ちょいちょい曜日が分からなくなりますよ?

 

あれ?

 

今日は何曜日?

(おい)

 

 

天候は微妙。

 

本日も安全運転で走行中でございます。

 

 

街灯の上にハト発見。

 

 

いや、足下にもタクサンいました。

 

そのうち、ハトに触れる日が来るのでしょうか?

 

え?別に触りたくない?

 

えぇっ?!

 

 

コロネー。

 

生チョココロネー。

 

水曜日だったので、週に2回ある事務処理の山の日でした。

 

しかーも、多くのお客様の来店もありましたー。

 

被る時には本当に被るんですよねー。

 

なんでだ?

 

 

ここ数日手を着けていた、オメガーです。

 

良い加減に終わらせないと・・・。

 

 

名前の分からないパーツを磨いたり、

 

 

バネを曲げたり。

 

鉛にメリ込んでいますな。

 

あはははは。

 

いや、遊んでるワケじゃないですよ?

 

 

曲げたバネを組んで気が付きました。

 

いや、正確には前回から『もしかすると・・・』と心配していた不安が現実のモノに。

 

 

手裏剣みたいな車の下では、小鉄車とツヅミ車が噛み合ってるのですが、噛み合いが浅い・・・。

 

弱いバネを使用すると、噛み合いが外れがちになっていました。

 

今回は、その辺りのパーツも付いた状態ですので、

 

『あー、ヤッパリかー』

 

そんな感じでした。

 

小鉄車はバネの力で、ツヅミ車に押し付けられているだけなんですよね。

 

かといって、バネを強くするとクラウンを引く時に余計な力が必要になるので、勢いで巻芯がオシドリから外れて抜けてしまうし。

 

ムキー!

 

その辺りのバランスを取るのが難しいデスネ。

 

 

元々のバネに戻しました。

 

少しでも余計な力で巻芯を引っ張る必要がない様に接触している部分を磨いたし、オシドリの先端を加工しているので、バネが強くなっても、巻芯が抜ける事は無さそうです。

 

うんうん、ヨカッタ。

 

 

カレンダー部分も組んで、早送りを含めて動作に問題がない事を確認。

 

 

ダイアルを付ける前に、何度もクラウンを引いたり、押し込んだりを繰り返しますが、今のところは巻芯が抜けてしまう症状は無くなった様です。

 

やはり1番効いたのは、オシドリが巻芯に引っ掛かる先端を延長した事でしょうが、地板や受けが減って来たら、また抜けてしまうのかもしれませんねー。

 

 

作ったバネの立場は?

(知らん)

 

 

さて、明日にでもお客様に完了のお知らせをしますかー。

 

いや、このブログを見て気が付かれるかもー。

 

とりあえず、モノ凄く眠いので帰りますよー。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませぇ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ