ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 亀。 | main | ENICAR。 >>
闘うキカイダー。

 

もう週末ですー。

 

色々あった1週間でした。

 

主にゼンマイモトが。

 

 

か い せ い 。

 

でも、夜中から雨の予報なんですよねー。

 

 

そんな事で、バイクに乗れずにフテ腐れるハト男。

 

 

モチーフ的なハトいました。

 

地面の上に落ちているハトが見たいのにー。

(落ちてはいない)

 

 

週末なんでメロムパンで締めくくります。

 

週末関係ナイ。

 

 

同業のお客様から、お土産でキズミを頂きました!

 

GMTですね!

 

アルミで真面目に作っているあたりが面白いですねぇ。

 

 

先日取材を受けた『ahead 6月号』が6月15日に発売です。

 

もう、今日とも言ふ。

 

 

おやおや?

 

全然、記事とは無関係ですが、ゼンマイモトの写真が使われていますね(笑)

 

 

目次に『闘うキカイダー ゼンマイワークス 佐藤 努』ってありました。

 

しかも、フォントが大きくて目立ちます。

 

そう言えば、表紙のフォントもデカイぞ。

 

なんだ?どうした?

 

 

キャッチコピーの『闘うキカイダー』って(笑)

 

むしろ闘わないキカイダーってヤバくない?

 

『直さない時計師』みたいな感じ?

 

『この時計直して下さい』

 

『いや、直さんっ!』

 

ガンコ親父か。

 

つか、ハカイダーの方がシックリ来る?

 

イヤイヤイヤイヤ。

 

記事を最後まで読んで頂けると『闘うキカイダー』の意味がお分かり頂けるかと。

 

たぶん。

 

 

『決まったように毎日メロンパンを食べ』

 

え?

 

そんなに食べて無いデスヨネ?

 

たまたまデス。

 

『鳩を見つけてはカメラに収めアップする』

 

え?

 

そんなヘンな人っています?

 

クルマとバイクの雑誌で、一体どんな記事になるのか想像も付きませんでしたが、弊社の紹介記事になっていました。

 

しかもー!ニャンとー!6ページも割いて下さっておりますデス。

 

オジサンもビックリ。

 

ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

 

会社が儲かったら、広告出します。

 

6月15日より販売と書きましたが、書店での販売は『代官山 蔦屋書店』と『書泉グランデ』の2店舗となります。

 

www.fujisan.co.jp/ahead

 

から、定期購読で申込みされるか、

 

『MAGASTORE(magastore.jp)』または『honto(hon-to.jp)』から、デジタルデータとして1号ごとの購入もできるそうです。

 

過去に弊社が掲載もしくは取材協力した本も十数冊になったし、この機会にデジタルデータとして集めようカナー。

 

 

『紙の本で見たいケドー、わざわざ買いに行くのはチョットなー』

 

そんな方がいらっしゃいましたら、弊社にて少量ですがご用意がアリマス。

 

1冊500円(税別)で、発送にも対応させて頂きますが、送料が別途必要となります。

 

なお、ゼンマイモトでの配達の場合には、交通費とドライバー用にRed Bullが必要デス。

(ヤラナイ、ヤラナイ)

 

こんなに大々的にご紹介頂いたし、ゼンマイモトとの2ショットでの写真も含めて良い記念になりました!

 

(写真・長谷川徹)

 

時計修理やahead 6月号のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませー。

 

なお、土・日は定休日となりますので、お問合せは月曜日以降にお願い致しまする。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ