ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 一段落。 | main | 亀の呪い。 >>
Valjoux 72組み始め。

 

週明けどすなー。

 

雨ですが。

 

地震も多いし。

(で?)

 

 

昨日、見掛けたスクーター。

 

スマートフォンかと思ったら、木の板でした。

 

え?

 

えぇ?!

 

右のミラーに付けている腕時計も良い味出していますね。

 

ナニ味なのかは存じません。

 

 

お客様に頂いた『チェッターヒン』のカレーを好奇心と恐怖の狭間で揺れ動きながら頂きました。

 

そうですね、当時の心境を具現化すると、海中を漂う昆布みたいだったと思います。

 

まず食べる前に、スプーンに少量付いた部分を舐めてみて絶句しました。

 

そして意を決してご飯と共に頂きました。

 

濁って底が見えない水の中に飛び込む感じに近いかもしれません。

 

あまりの辛さに汗とか鼻水が出るかと思ったのですが、真っ先に涙が出て来ました。

 

な み だ 。

 

妻は『美味しい!』を連呼しながら完食した上に、ワタクシの残した分も軽々と平らげていました。

 

ワタクシは辛いモノに対する耐性がカナリ低いみたいですが、辛いモノがお好きな方にはオススメです!

 

妻が美味しさについて語っていた気がしますが、溢れ出す涙と鼻水で話しなんて全く耳に入って来ませんでした。

 

色々と恐ろしい夜でした。

 

 

渋滞でヒマなハト男。

 

 

コアラ?クマ?良くわからないキャラクターが描かれた、シートベルト着用を促す看板を発見しました。

 

 

雨が降ったり止んだりする中を、首都高の渋滞にハマっていました。

 

 

ハトいました。

 

 

週明けなんで、メロムパンで景気づけですね。

 

いや、全然ブルーマンデーとかありませんが。

 

月曜なので、ブルー事務処理デーですね。

 

でも、作業もチョッピリしましたよー。

 

 

前回、洗浄まで終えていたバルバルバルジューを組み始めます。

 

 

まずは裏周りと呼ぶ、ダイアル側から。

 

 

特に問題もなく、組みました。

 

 

次に香箱にゼンマイを収めて、香箱を組み立てます。

 

 

ゼンマイ入れ器ですね。

 

 

ゼンマイと香箱芯を入れたので、後は蓋を閉めれば完成です。

 

あ、組んだ後で香箱芯のアガキ(遊び)のチェックや、ゼンマイの回転数も確認しておきますよ。

 

 

では、輪列を組みましょう。

 

 

香箱・2番車・3番車・4番車・ガンギ車です。

 

ガンギ車だけは輪列の仲間ではなく、脱進機(調速機)の仲間ですが、クルクル回る歯車的なブッタイなので、輪列を組むタイミングで一緒に組みます。

 

 

輪列のホゾ?穴石?に注油したら、4番車のホゾにクロノグラフ用の出車を圧入で押し込みます。

 

 

後はアンクルとテンプを組んだら、時計としては機能するところまで来ました。

 

それは次回ですねー。

 

22日が夏至だった様ですので、これから徐々に日照時間の方が短くなるんですね。

 

まだ夏が来てないのに!

 

 

意味のない事を書き綴っていないで、4時半を回ったので帰ります。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいまし。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ