ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 通常営業へのリハビリ。 | main | 輪列組立。 >>
裏周り組立。

 

来店されるお客様が訪れる度に、『暑いですねぇ』と言われる位に暑い日でした。

 

あまり外に出ないので、共感できずにスミマセン。

 

 

背中に背負ったHANTERのリュックに詰め込んだチャンバー。

 

今の時代、チャンバーを背負っている人を見掛けませんね。

(元々いない)

 

キカイダーはギターを背負っていましたケド、チャンバーは背負ってませんでしたね。

 

 

おおっと、事故でした。

 

 

料金所でメッチャ話し掛けられます(笑)

 

 

料金所コミュニケーション。

 

 

背負っていたチャンバーを届けに、ベスパ屋さんへ。

 

重かったー。

 

 

久しぶりに千葉県民成分を摂取です。

 

最近体調が優れなかったのは、落花生不足だったのかもしれません。

 

うん。

 

きっとそうだ。

(違う)

 

 

シラス干しではなく、バネ棒です。

 

先端が飛び出てしまっています。

 

 

ストレートなバネ棒であれば、旋盤を使って短時間で修理できるのですが、これだけカーブさせてあるとムリっす。

 

地道に修正して使える様にしました。

 

 

時計はフランク・ミュラーでしたー。

 

革ベルトがケースに沿うようなデザインなので、バネ棒も極端に曲げてあるんですよねー。

 

 

あ、久しぶりにカスタムオーダーのストラップでした!

 

 

7時半ごろになって出掛けます。

 

 

ゼンマイモトのセッティング中との事でしたので、ベスパ屋さんです。

 

セッティング→試乗を何十回も繰り返して下さっていました。

 

首都高の入り口で、原付と間違われて止められたそうです(笑)

 

あと、

 

『メッチャ燃費悪いですね?!』

 

いつも言われますが、それは恐らく社長のアクセルの開け方が・・・皆まで言うまい。

(ほぼ言ってる)

 

 

ガソリンの残量計も直り、チャンバーも以前の1番パワーが出るタイプに交換して貰いました。

 

最近気に入っていたチャンバーだと、長時間にわたって排圧をかけ続けると、内部の隔壁に負担が掛かるみたいだったので、そもそも隔壁のないチャンバーに戻しました。

 

あと、リアタイヤが減って限界だったので交換です。

 

しょっちゅうトラブっている様に思われるカモしれませんが、設計年代とか走行距離とかを考えれば大した事ないです。

 

最大の原因は・・・まぁ、アレがアレなんで。

 

 

久しぶりのラーメンです。

 

『胃が弱っているのかもしれない』と思いつつ、麺の硬さは『メチャバリ』にしましたよ。

 

 

夜の部はギャレギャレギャレットの続きでございます。

 

裏周りだけでも終わらせたいですー。

 

 

いきなりミスをしました。

 

地板に巻芯を取り付けたり、オシドリを取り付けたのは早計でした。

 

まずは、12間計のリセットハンマーからが正解でした。

 

ソコからかよ。

 

 

12時間計のランナーです。

 

巻き貝みたいです。

 

 

ほぼ裏周りは組み上がりました。

 

クロノグラフのパーツがあるとは言え、かなり複雑な部類ですね。

 

 

次回は輪列を組んで、時計として動かしたいです!

 

さて、色々と調子を取り戻したゼンマイモトを駆って、下道で帰りましょうかねー。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ