ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 色々で。 | main | インデックスとの闘い3日目。 >>
トナパーツ検証。

 

モクモク木曜日。

 

明日はキンキン金曜日??

(なに言ってんの?)

 

 

微妙に曇ったり陽射しが出たり。

 

でも、暑かったですぅ。

 

 

シャツを着て、適当にボタンを留めていたのですが、首都高を降りたら全てのボタンが留まっていませんでした。

 

風圧って凄い。

(そこ?)

 

 

昨夜(今朝方)にエンジンオイルが無くなりかけている事に気が付いて、ベスパ屋さんへ。

 

 

その場で補充しました。

 

今回は思ったより保った気がします。

なんでだろ??

 

 

ちょっと上品な顔立ちのハトいました。

 

クチバシがピンク色なんですよねー。

 

 

んさて、トナです。トナ。

 

あ、今回はお客様が集められたパーツが適合するかを検証するお仕事です。

 

 

Valjoux 72ですー。

バルバルバルジュー。

 

状態としては油切れをしている事と、ちょっとパーツが足りない事や、パーツの取付が間違っている位??

 

ソレって、どうなの!?

 

 

あと、何故か外周が一周削られていますね・・・。

 

なんだろ?

 

 

持ち込まれたダイアルの足が初めて見る形状でした。

 

なんかクサビの様な不思議な形です。

 

 

んあ!?

 

2本の足のうち、9時側が入らない??

 

 

足の位置関係が狂っているのか、足その物の不具合かを切り分けると、足単体の不具合みたいッス。

 

 

専用工具で塗膜分を削ってみました。

 

 

何とか収まりました。

 

これで、ダイアルはOK。

 

 

次はケースとの適合です。

 

 

ケースをチェックすると、プッシャー近辺にバリが。

 

 

反対側もバリ。

 

バリとか取らないんですかねー?

 

 

ダイアルを付けたムーブメントを収めて、厚み方向のセンターが出ているか確認します。

 

これ、重要ッス。

ダイアルの厚みとかバラバラですし、そもそもケースの作りもバラバラですからねー。

ダイアルの厚みが合わないだけで、もうマトモには使えませんよ?

 

集めたパーツで組むのは本当にリスキー。

 

 

念の為に手持ちの巻芯を通して、センターを再度確認。

 

ムーブメントの外周が削られているので、横方向のセンターが出るのかは不安が残りますケドー。

 

 

ムーブメントに付いていたクラウンはケースのチューブと合わなくて、ケースに付いていた方のクラウンを使いたいのですが、巻芯が入る穴が細い・・・。

 

バルバルバルジューの巻芯の太さはφ1.2ですが、クラウン側はφ0.9なんで入るワケがない。

 

バルバルバルジューでφ0.9の巻芯って存在するんスカ??

 

 

あ、φ1.2をφ0.9に変換するアダプターは持っていました。

 

コレ使えば解決?

 

 

あと、お客様もお気づきですが、プッシャーも片側がおかしいので要交換ですね。

 

結論。

 

何とか組めそう。

一部のパーツを追加・修正すれば)

 

 

明日はいつもより早いので、早く帰るつもりだったのにー。

 

時計修理のご依頼はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ