ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< BAUME&MERCIER作業開始。 | main | BAUME&MERCIERエキセン続き。 >>
BAUME&MERCIER作業中。

 

金曜日でしたねー。

 

雨の金曜日。

 

で?

 

 

あーめー、ざけんなー。

 

な、ハト男(はとお)です。

 

 

ハト?

 

 

家を出る直前まで、

 

『バイクで行ける?』

 

そう思っていたのですが、小雨が降っていたので諦めました。

 

 

カラース。

 

 

本格的に降って来たので、傘号で正解だったようです。

 

バイクの人、大変!

 

本日はボチボチとボーム(BAUME&MERCIER)を作業していました。

 

いや、真面目にガッツリやっていたのですが、なかなか進みませんねー。

 

 

エトネジを磨くところからスタートしました。

 

 

ぽっぽっぽー、ハトポッドー。

 

いや、本当に真面目にやってましたよ?(汗)

 

 

ディグジット(ルビー砥石)でバリを取った状態です。

 

 

ジャーマンシルバーの板の上で面出しです。

 

 

面出し完了。

 

 

亜鉛ブロックの上で仕上げます。

 

同じ粒度のダイヤモンドペーストを使っても、台の材質次第で粗研ぎも鏡面仕上げもできるのが面白いですよねー。

 

いや、別に面白くはないか。

 

ちっ。

(こら)

 

 

磨けました。

 

 

うーん、このネジは売って無かったんだっけ??

 

 

反対側も磨き終わりました!

 

 

同じ首長族のオシドリネジです。

 

 

ごーり、ごーり。

 

 

完成!

 

 

受けネジとか。

 

結構ヒドイ状態ですよね・・・。

 

 

欠けた部分とか多いので、残念ながら完全には傷が取り切りませんでした。

 

今回のネジは硬い感じですので、欠けちゃうんでしょうかね??

 

 

通常のネジではなく、クロノグラフのレバーの位置決め用のエキセントリックです。

 

接着してありますなぁ。

 

なんで?

どうして?

 

ソレでイイと思ったの?

 

 

エキセントリックはネジでは無く圧入ですので、その穴が緩かったので接着したのでしょう。

ポンス台で穴を詰めます。

 

安易に接着剤で誤魔化す根性が気に入らない!(怒)

 

他に手段が無かったとか、考えに考え抜いた結果なら仕方ないのかも知れませんが、明らかな手抜きですよねー。

 

そもそも、穴がガバガバになる作業ってどうなん?
ネジだって、傷が付くこと自体がおかしくない?

 

むきー!

 

 

エキセントリックを磨いて、圧入し直しました。

 

他にも自然落下して来た(!)エキセントリックがありましたので、そちらも同様の作業をしてあります。

 

 

クロノグラフ関連は後回しですが、ベース部分で必要なパーツの仕上げもしました。

 

受けネジ磨きは終わりましたが、エキセントリック達に時間が掛かりました。

クロノグラフはエキセントリックを多用しているので、まだ残っています・・・。

 

真面目にやってると、タクサン写真を撮った気になっていますが、単にアタマの中に映像として残っているだけで、実際にはカメラも手に取ってなかったし、シャッターも切ってないと言う・・・。

 

なんなん?

イッタイなんなん?

 

あ、ワタクシはエキセントリックじゃないですよ?

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん

 ムニムニ

  さぁ早く!

 

(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ!

 

なお、土・日は定休日となりますので、お問合せは月曜日以降にお願い致しますー。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ