ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< BAUME&MERCIER 精度調整。 | main | BAUME&MERCIER プッシャー製作。 >>
BAUME&MERCIER プッシャー製作準備。

 

もうサクサクと書いて帰ろうと思う午前四時です。

 

書き出しから帰る気満々。

(こら)

 

 

代車での出勤で、うろーンとしているハト男(はとお)でございます。

 

 

オートマ・・・良く分からん。

 

迫り来る料金所。

シフトダウン。

 

シフトダウン??

え?

あれれ?

 

フットブレーキ!

 

そんな感じッス。

 

 

本当に雨がウザい。

(おい)

 

 

出勤後、間もなくの加工依頼。

 

 

あー、クラウンに折れ込んだ巻芯抜きでした。

 

んで、ココからが本番と言うか、後回しにしていた課題の作業でした。

 

作業の順番として、いよいよ手を着けないとー。

 

 

今OH?修理?しているボーム(BAUME&MERCIER)のクロノグラフプッシャーですー。

 

恐らく、左側のプッシャーは純正だと思われますが、右側は明らかに作られたプッシャーだと思われます。

手作りが悪いワケではなくて、比べるまでも無く長さが全く足らないと言う・・・。

 

 

真鍮の棒材を切り出しました。

 

えぇ、この時点ではノープランです。

(こら)

 

 

あ!左の2つは新品のランデロン用のプッシャーです!

クロノグラフ関係に強いディーラーさんからお借りしました!

 

こうして見ると作られたプッシャーは、コレをサンプルにしたのでしょうか??

恐らくですが、このボームはクロノグラフ+トリプルカレンダーなので、ケース側面の厚みが特殊なのでしょうねー。

なので通常のプッシャーだと長さが足りない?

違う?

 

あれれ?

 

 

まだノープランなので、とりあえず図面を引いてみたりして現実逃避です。

 

方眼紙!懐かしっ!

 

 

未だにノープランのままです。

(おい)

 

どんな工程で、どの部分から作り始めるのが正確で安全かを脳内で妄想中でございます。

 

ま、思い付いても失敗して作り直す事になるのでしょうが。

 

さて、どうしよう・・・。

 

うーん、うーん。

ぐー。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!
(03−6262−3889)

 

まで、お電話下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ