ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< 取材協力。 | main | 工芸品とBAUME&MERCIER クロノグラフ組立続き。 >>
BAUME&MERCIER クロノグラフ組立中。

 

もっくもっく木曜日。

 

雨の木曜日です。

 

雨期の木曜日。

 

 

今回はどうですかね?

 

前回よりも改善されましたかね?

(知らん)

 

 

はぁぁぁ。雨イヤですねー。

 

 

今日のたい焼きは目がキラキラしていました(笑)

 

本日も平常通りに夜中になってからの作業開始でございます。

しくしく。

 

 

ボーム(BAUME&MERCIER)の?LANDERON(ランデロン) Cal.185のカップリングクラッチの仕上げですー。

 

カップリングクラッチって、日本語で何て言うんですか??

昨日もクロノス誌の人々に話したんですが、ベーシックなムーブメントのパーツは日本語に翻訳されていますが、少し複雑になったり独自構造のパーツだと日本語って無いんですよねー。

 

なんでも日本語に直訳すると『びっくり歯車』ってのもあるらしいっすよ?(笑)

 

 

カップリングクラッチの本体?はスチールなので、仕上げ可能ですな。

 

 

ブッシュを外しますねー。

 

ほらほら痛くないよー。大丈夫だよー。

 

 

先端に付いていたエキセントリックも外しました。

 

 

ラッピングフィルムの上でキレイキレイします。

 

錆はともかくとして、なんで傷が付くのか不思議です。

 

 

金丸ラーメン!

本場のお客様にお聞きした、キクラゲをトッピングしました!

 

九州は大雨で大変な事になっていますが、大丈夫でしょうか?

 

 

ネジも磨きます。

 

えぇ、それ位しかできませんし。

しくしく。

 

 

エキセントリックも磨いておきます。

 

えぇ、それ位し (ry

 

 

エキセントリックを圧入します!

いや、むしろ叩き込みます!

 

 

叩き込みました。

(言い方)

 

 

ブッシュは圧入です。

 

 

ふぅ。やっと組めますー。

 

 

おっと、歯車の縦アガキ(縦方向の遊び)が少ない様ですので、調整します。

 

 

受けが真鍮にメッキですので、仕上げていません。

 

メッキが掛かっていないジャーマンシルバーの物ならヘアラインを入れ直すんですが。

 

いや、メッキを剥がしてから再メッキと言う事もできますケド。

 

 

このパートは完了っす。

 

仕上げもキリが無いんで、明確に『ここ迄ヤリマス!』とか決めていません。

気分次第です!(キリッ

(おい)

 

ネジやパーツの仕上げに関しては基本的に別料金として頂いていないので、オーバーホール代金に含んでおりますデス。

よほど酷い場合には・・・これから考えます。テヘッ。

 

つくづく、オーバーホールと修復の境界線が曖昧です・・・。

 

『お任せコース』って作ろうカナ?(笑)

気の済むまでヤラして貰うって事で(笑)

 

さて、今週も残り1日ですなぁ。

 

時計修理のご用命はゼンマイワークス

 

おっさん - ムニムニ - さぁ早く!

(03−6262−3889)

 

まで、ご連絡下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ