ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
<< いやぁ。 | main | 正しくない使い途。 >>
喧噪の渋谷。


今日は昼間っから寒かったです。
この夏一番の寒さでした。
(まだ言い張る)



寒い中、冷たいRedBullを飲んでいる自分が不思議で仕方ありません。
いや、ホットコーヒーなんて手に取るワケがありません。
なにせ『まだ夏』なのですからね!



あぶねっ!
身体は『夏』を拒否しているのでしょうか。
機種変したばかりのiPhoneを落としそうになりましたよ。

今日はハロウィンだそうですね。
私には全く関係ありませんが。
あ、何か面白い変装でもして写真撮れば良かったですかね?
え?必要ないですか。
そうですか。
そんな暇があったら作業しろって?
そうですね。

寒空の中、渋谷なんて都会に行って来ました。
人が多くて目眩がしそうです。



人通りの多い場所から外れた所で撮影(笑)

最近の自販機って凄いですね。



Wi-Fiの電波出しちゃってるんですか?
接続方法が分からなかったですが。
暖かい缶コーヒーを飲みました。

あ、わざわざ慣れない渋谷に向かったのには理由があります。
以前、弊社をご紹介して下さった有名ブロガーである『Mのブツ欲日記』さん主催の『第3回 Mのサロン』が行われていました。
その会場に、弊社のお取り引き先の1つでもある『Galuchattail(ガールシャテイル)さんが出展されていたのです。

で、渋谷は全く土地勘が無いのでナビタイムに連れて行って貰い、どうにか辿り着きました。



古っ!暗っ!恐っ!
と三拍子揃った建物(弊社も同様w)でしたが、何やらお洒落な感じも漂っています。
言い方を変えれば『レトロな雰囲気』と言った感じです。
これが渋谷と八重洲の差でしょうか?

本日限りの会場に入り、早速『Galuchattail』の小島さんに会いました。



『菩薩が宿る革職人』との異名を持つ、シュークリーム並に柔らかな人柄と、下町の堅焼き煎餅並に頑なな信念を持った人物です。
常にクォリティの高さやメンテナンス性を念頭においた製品作りをされています。
特にブランド名に代表される加工の大変なガルーシャ(エイ革)製品には並々ならぬ情熱を注いでいます。
その仕事ぶりを要約すると『変態』の一言に尽きます。
凄いですよね。
褒めているのですが、その褒め言葉が『変態』だなんて(笑)



で、今回は『Mのブツ欲日記』さんとのコラボレーションモデルである、ブレスレットとブートニエールを中心に展示していました。



傍らで見ていましたが、大変多くのお客様がオーダーされていました。
良かったです(笑)

他の出展者もご紹介しますね。

まず『7SENSE』さん。



クロコダイルやHORWEEN(ホーウィン)社のコードバンを使用したウォレットを出品されていました。
中には『センザンコウ』や『ゾウ革』の製品も並んでいました。
『ジャクルシー』もありましたね。
どれも貴重な材料ばかりです!
また、ジッパーのツマミに大振りなターコイズを使用したり、彫金を施された製品を用意されていて、個性的なお財布を探されている方にはピッタリなブランドだと思います!

もう1社は『three2four』さん。



1枚革で作った小銭入れやカードケース、『黒桟革』と言う剣道の防具にも採用されるレザーを使用した革小物全般を取り扱っていました。
作り方や、その意味合いを考え込まれた物作りには感心するばかりでした。
写真は1本用のペンケースですが、クロコダイルの脇腹部分を使用してあります。
肉厚ながらも柔らかいので、『ちょっと小さいのでは?』そう思えるサイドの開口部から問題無くペンの出し入れできます。
この上なくシンプルな構造なのに、保護性と使い易さを両立された製品でした。
こちらのペンケースは、頻繁にペンを床に落として壊し続ける妻に渡そうと思います。

色々なクリエイターの方がいらっしゃいますね。
良い刺激を受ける事ができました。

『Mのブツ欲日記』のMさんに、
『そうだ!次回はゼンマイワークスさんも出展して下さいねっ!』

そう仰って頂きましたが、何も出せる物がございません(汗)
変な汗とか、近付きがたいオーラなら出せるかもしれません。
え?必要ないですか。
そうですか。
そんな暇があったら作業しろって?
そうですね。

時計の修理メンテナンス電池交換ストラップ(ベルト)交換の御用命は

ゼンマイワークス
03−6262−3889

まで、お気軽にお問合せ下さいませ!!
 
| ZENMAIWORKS | comments(0) | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ