ゼンマイワークスの日常。

時計の修理やカスタム作業に関する日々の様子です。
いまひとつ。

 

水曜日だったんですね。

 

知っていました?

(なんで?)

 

 

雨でした。

ツマリマセン。

 

明日は気温も上がりそうなので、ワタクシのテンションも上がりそうです。

 

がおー!

 

 

ハトいました。

 

 

振り返ったら、もっとハトいました。

 

えぇ、それだけです。

 

みんな同じ方向を向いているのが面白いです。

 

え?そんな事ないです?

 

がおー!

 

 

変わったパンが売っていたので、買ってみました。

なんか、パンから遠ざかっている気がしますが?

どこを目指しているのでしょう?

 

いえいえ、ワタクシの事はございません。

(何も言ってない)

 

昨日、不思議がっていた外れないクロノグラフの4番車。

大先輩のトコロへ持っていってくれたスタッフが、外れた4番車と共に帰って来ました。

 

 

おおぅ。

穴石ごと外したんですね。

 

確かに、他にやり方が思い付きません。

つか、組む時にも考えながら組まないとっ!

 

外して貰ったので、ムーブメントの洗浄まで終わったところです。

 

んが、ココでスタッフの作業のフォローを。

 

またハカマ。

 

 

クロノグラフの30分積算計の針です。

ハカマが割れてやがります。

 

なんか、ハカマに祟られてる?

お祓いに行った方がイイ?

 

 

いつも通りにハカマの除去から。

 

 

真鍮棒に穴開けをして、

 

 

外径を削ります。

 

 

金色の物体が作ったハカマです。

 

 

根元まで入っていないのは、そういう風に作ったので正しいです。

この状態で、強く押し込んで針の固定を確実なモノにしようという目論みですよ。

 

 

で、カシメました。

最近こればっかなので、途中の作業は割愛です。

 

 

針が黒なので、カシメたアタマだけマッキーで塗っておきました。

 

マッキー。

 

カシメの見た目がイマイチなので、作り直そうかと思いましたが、機能的には問題はなさそうな。

明日、スタッフが取り付けて問題なければ、このままです。

スタッフからダメ出しが出たら作り直します。

 

ハカマの肉厚が極端に薄いので、カシメが難しいですー。

パイプの肉厚が0.07mmしか無いんです。

もう一回やっても同じ結果になりそうな・・・。

 

まずっ!もう5時近いっ!

急いで帰り支度をしないとっ!

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お気軽にどうぞっ!

| ZENMAIWORKS | comments(2) | -
進展無し。

 

今日って暖かかったですよね?

天気予報を見る限りはソレホドでも無かったみたいなんですが。

 

全然寒く無かったんですよね。

気のせいカナ・・・?

 

ナニカの病気?

(違う)

 

 

何だか今日は道が空いていました。

極端に混む時とガラガラな日があるのですが、その理由が気になります。

 

嫌がらせ?

(違う)

 

 

メロンパンさんを裏切ってしまいました。

 

すみません。

すみません。

 

化けて出て来ないでください。

(来ないよ?)

 

 

『ハトいないなー。』

 

そう思いながら歩いていると、いました。

 

 

フワフワに膨らんでいますな。

 

別にハトを探すのが趣味なワケではございません。

ハトを見上げながら写真を撮っている姿の方が変な目で見られそうですし。

 

ま、今さらか。

(なの?)

 

仕事の方は、来客や急な来客や普通の来客(?)が多く、作業は一向に進んでおりません。

 

すみません。

すみません。

 

 

昨日のナゾの4番車です。

 

偶々、クロノグラフに詳しい方が来店されたので、訊いてみたりしましたが。

 

『いやぁ、普通は抜けないって事はないですよね』

 

ワタクシもそう思います。

 

大先輩にも電話で訊いてもみました。

 

『強引に抜いちゃったら?』

 

ワタクシもそう思います。

 

むしろ、それは得意カモ。

(おい)

 

でも、壊すとシャレにならないので、スタッフに託して大先輩に見るだけ見て貰う事にしました。

 

強引に抜けちゃったらどうしよう。

今度は組む時に悩みそう(笑)

 

さ、内容のないブログを書いてないで帰らないとっ!!

 

時計修理やメンテナンスのご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、宜しくお願いしますっ!

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
定休日。

 

どうも、金曜日の朝刊以来ですね?

てへ。

 

3日もブログを書かなかったのは久し振りです。

あ、正月休みがそうでした。

 

最近だった。

 

 

金曜日の日中は地元と言っても差し支えない位の近所にお出かけを。

幕張メッセで行われていた『東京オートサロン』と言うカスタムカーのイベントへ向かいました。

 

あ、写真はオッサンがドヤ顔で紙パックのコーヒーを持っているトコロです。

全くの無関係ですね。

はい。

 

とは言っても、今回はカスタムカーが目的ではなく、

 

『BH AUCTION』

 

と言う、クルマのオークションの第1回目の開催だったんです。

 

海外ではヒストリックカーやレースカーなどのオークションは定期的に行われているそうなのですが、日本ではそういうコレクター向けのオークションって無かったんですって。

 

そんな日本初の本格的なカーオークションに招待されていました。

 

 

良く分からずに行ったら、2階の観客席にいました。

なんか招待された場所っぽくないので、入り口を探します。

 

 

おぉー。

セレブっぽい雰囲気の人しかいないエリアに潜入しました。

 

 

オークションに出品される16台のクルマを間近でシゲシゲと観察する事ができました。

エスティメイト(見積額)が掲示してありますが、ドレもコレも一般人が手を出せる額ではナイ・・・。

 

 

開催の挨拶の後は和太鼓の演奏があったりして、日本っぽさを演出しているのでしょうか?

海外から来場されている方もチラホラと。

 

 

オークションが始まると、1台ずつ壇上に運ばれてビッターの人達が入札して行きます。

因みにこのR34型スカイラインGT-Rは走行10kmの新車で、3,200万円で落札されていました・・・。

ふわぁぁぁ。

 

 

オークションの途中でしたが、夕方に会社に戻りたかったので急いで京葉道路に乗ると大渋滞が。

イキナリの計算ミス。

 

ぐはっ。

 

それでも、幕張〜八重洲を20分程度でワープした様ですが、すでにスタッフは全員帰った後です。

 

ドアを開けようと鍵を取り出すと、

 

鍵を取り出すと・・・

 

鍵を取り出すと?

 

鍵を持って出るのを忘れマチタ。

てへっ。

 

 

ボー然と自社の前で立ち尽くすオッサン。

 

いや!

まだスタッフも帰ったばかりなので、その変にいるかもっ!

 

電話しても出ません。

 

再びボー然と自社の前で立ち尽くすオッサン。

 

30分近く経って、帰宅したスタッフから折り返しの電話が来たので事情を話して、鍵を届けに来て貰いました。

あはははは。

 

会社から近いスタッフがいて良かった。

(迷惑なヤツ)

 

 

その後で『モーターヘッド』に連載していた頃の『ジョシュ』こと山田さんが登場して、朝方まで話し込んでいました。

あまりにも遅い時間(朝早い時間?)になってしまったので、その日のブログは書きませんでした。

 

すみません。

すみません。

 

 

で、昨日は新年の挨拶に実家へ。

この写真は実家の犬なのですが、まだまだヤンチャなので写真がブレブレです。

 

あれ?昨日は何してったけ?

 

あ、寝ていました。

(おい)

 

 

そんな週末を過ごして、やっと今日の話です。

 

晴れている中をゼンマイモトでビュビューンと。

 

 

公園ではハト達が群れていました。

和みますね。

 

え?そんな事ないです?

 

 

ハトに凝視されるオッサン。

オッサンに凝視されるハト。

 

 

なんと!メロンパンさん売り切れ!

仕方無く『エクレアみたいなパン』と言うのを買いました。

 

エクレアを目指しているのか?

パンを目指しているのか?

全然、エクレアっぽくはなかったと思いますが。

 

週明けって事で事務処理が溜まっているのを片付けてます。

ぐすん。

 

そんな感じで作業が中断していたクロノグラフをボチボチと。

 

 

初めてのValjoux 7734。

 

 

今迄の古いバルジューと比べるとシンプルな様で、上からだと見えない部分もあってナゾだらけです。

まぁ、いつも構造は忘れてしまうので、毎回が新鮮です。

(え?)

 

 

まぁ、ドンドンと分解して行きます。

 

 

とりあえず、バラバラにしましたが、

 

 

4番車が取れませんっ!

なんで?

スモセコが付く軸の長さがあるのは当然なのですが、地板から抜けないっ!

 

きっと、なんか答えがあるのでしょうが、眠たいアタマでは思い付きません。

(現在AM3:45)

無理して壊したくないので、一旦保留です・・・。

 

 

そんなワケで、ハトの写真で誤魔化そうと思います。

 

ハト。

 

時計修理のご相談や御用命はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お気軽にお電話お待ちしております。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
普通。

 

久し振りに事務作業に終始した1日でした。

 

うぐぅ。

 

ぐふぅ。

 

いや、ワリと普通の事でした。

 

 

天気が良かったですが、気温はダダ下がりですよ。

明日はもっと下がるみたいで、不安でイッパイです。

 

そもそも冬にバイク乗ってるのが悪いんですが。

ガハハハハ。

 

 

久し振りにハトいました。

ハト。

 

 

こののところ、ファミマのメロンパンに変化が見られません。

 

なんで?

サボってるの?

もしかして、今のが最終進化形なの?

だまって食え?

 

はい。

 

本日は接客と事務処理で終わりましたが、昨日までの重労働に慣れてしまったみたいです。

あ、重労働では無いですね。

 

面倒だっただけです。

(こら)

 

事務作業だけだと罪悪感を感じるので、軽く新たな作業に手を着けてから帰りましょう。

 

 

カマロ?

クルマの名前みたい。

 

 

手巻きのクロノグラフですが、バルジューのCal.7734でしたっけ?

ピラーウィールではなく、カム式です。

 

昔はカムと言う単語が浮かばずに、

 

『あ、ピラ板だ』

 

と言っていました。

 

ピライタ。

 

 

全体的にキレイなのですが、地板に所々イミフメイな傷が見られます。

なんで?

ヤレば分かる?

 

 

カレンダーも至ってシンプルですねー。

シンプルなのスキー。

 

カレンダー板の外周のリングに3ヶ所ネジが留まりそうなんですが、3本共に無いのは普通なんでしょうか?

位置決めのピンもあるし、ダイアルで押さえられちゃうから不要なんでしょうか?

 

 

とりあえず、観察しながら分解を始めました。

明日には洗浄できるカナ?

 

 

今日は1月11日と言う事で、鏡開きですね。

店頭に飾っていた鏡餅を持って帰ります。

 

最近は手ぶらで通勤していましたが、鏡餅の為にリュックを背負って来ました。

流石にポケットに入らないし!

 

 

鏡餅の上の作り物のダイダイをヘルメットに載せてみました。

 

えぇ、意味は御座いません。

眠たいだけです。

 

ちゃんとダイダイを除けてから帰りますよ。

風圧で飛んで行っちゃいそうですし。

(それだけ?)

 

明日の日中は外出して夕方に戻る予定です。

ですので、お問合せ等々には対応出来かねますので、御注意下さいませ。

 

 

ハトより。

(違う)

 

時計修理のご相談はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、宜しくお願い致しますっ!

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
さよならパチ君。

 

もう水曜日なんですよ。

知ってました?

 

ヤバイっすね。

色々と。

(なにが?)

 

 

向かい風が凄すぎて、勝手にスリップストリームを利用中。

本当に速度が伸びますな。

(おい)

 

 

天気が良かったせいか、今朝はパーキングにもバイクが多かったです。

夏だから?

(違うゾ♪)

 

 

ま、さっき取りに行ったらコンナでしたが。

 

ポツーン。

地上に出たら、正面から体調15cm程度(シッポは除く)野良ネズミが走って来ました。

そして生け垣に突っ込んで行きました。

ネズミって真っ直ぐにしか走れないんでしょうか?

 

 

新しいiPhoneは無接点充電に対応していて便利です。

んが、会社の電話の親機に置いても充電はしません。

えぇ、当然ですね。

分かっています。

 

ふと違和感を感じて二度見しましたよ?

良く載ったな。

眠気って恐ろしい。

 

 

期間限定Tポイントとか言うのが失効間近だったので、ポイントでこんなスタンドを購入しました。

iPhoneに取り付ける三脚ですね。

 

 

こんなチャチい便利なBluetooth接続のリモコンも同梱されていました。

 

 

適当に巻き付けて、

 

 

撮った写真がこちらです。

今後頑張って貰いましょう。

うひひ。

 

さてさてー、パチ君の暴動が止まりません。

テロと言っても差し支えないレベルです。

一体、善良なワタクシが何をしたって言うのでしょう?

 

せっかく組んだのに、またバラバラに。

 

 

ベゼルが収まりきらずに、若干浮いていました。

風防がキツイのかと思いましたが、ケースに対してベゼルがキツイみたいです。

 

じゃあ、今迄どうしてたの?

ねぇ?

どうなの?

(詰問)

 

心の中では諦めて頂く方向で、お客様に報告しました。

 

『ケースとベゼルが干渉して奥まで入らないです』

 

『直して下さい』

 

しくしく。

 

 

ちょっと大胆にケースを削る事にしました。

どうせパチだし。

(こら)

いや、他に方法がないし。

 

 

削りました。

思ったよりもサクサク削れたのですが、本当にステンレスですよね?

 

 

結構削ったので、ベゼルが嵌る部分がキレイになりました。

 

 

押し込むとMODのベゼル並に

 

『バキンっ!』

 

と音を立てて収まります。

もう少し削っても良かったカモ。

 

つか、どんだけキツかったのさ?

ねぇ?

どうなの?

(詰問2)

 

 

ピッタリとケースに密着しています。

敢えて言わせて頂きましょう。

 

ズビシッ!

 

さて、まだまだテロは続きます。

もうね、軍隊が出動しても良い頃ですよ?

 

 

これまた奥まで入りきらないクラウンを、在庫の中古のクラウンに交換して収めます。

はいはい、おしまい、おしまい。

 

で、次は『クロノグラフがスタートしない現象』の解決に乗り出します。

 

 

ここで鉄片が登場。

厚みは0.5mmですので、恐らくはバネを作った時の端材でしょう。

 

ムーブメントがケースの中で横方向にズレる様です。

えぇ、サイズ的にガタガタなんで。

その為に、プッシャーがムーブメントのレバーを押し切れていない様子。

 

 

隙間に鉄板を押し込んどけばイイんじゃね?

 

ソレなら押されても動かないでしょ?

(どんどん雑になる)

 

でも、流石に好奇心より罪悪感が勝るのはどうかと。

(意味ワカラナイよ?)

つか、罪悪感とか言ってる割りには鉄片用意してたじゃん。

 

てへっ。

 

他に原因や解決策がないか考えます。

 

ぐー、ぐー。

 

すみません、寝不足です。

 

 

リセット側のプッシャー。

 

 

スタート&ストップ側のプッシャー。

 

あれっ?

 

奥まで押し込めないっ?!

 

 

リセット側。

 

 

スタート&ストップ側。

 

ね?

(ね?じゃない)

 

両方ともに分解してみると、上下でバラバラのプッシャーが使われている事実が発覚。

 

ぐー、ぐー。

 

 

ストロークが足りない事が原因だったので、ストロークを増やすべくプッシャー内部を加工します。

 

 

内側の奥や、手前側の奥(?)を削ってプッシャーのボタンが奥まで押し込める様に。

 

 

プッシャー内部に入っていたパーツを削りました。

ストロークを伸ばしただけで、機能などはスポイルしない様に配慮はしています。

 

無闇ヤタラに加工はしません。

 

たぶん。

 

きっと。

 

 

びよーん。

 

 

びよよーん。

 

あ、すみません。

 

 

ほらっ!

 

奥まで押し込めるようになりましたっ!

 

 

ね?

(はいはい)

 

 

その後で、最後に残ったリクエストだったフラッシュフィットのガタ付きを修正して完成ー!

 

マジで何なん?

どんだけ時間と手間が掛かるん?

すっかり憔悴しきっちゃったよ?

(ウソ)

 

とにかく、今度こそ完成です。

何度、分解と組立と加工を繰り返したのやら。

 

パチ君、怖ぇぇー。

 

ね?

(書きたかっただけ)

 

時計修理のご相談や御用命はゼンマイワークス

 

03−6262−3889

 

まで、お気軽にお問合せ下さいませ。

| ZENMAIWORKS | comments(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ